法律(民法、その他一般)

個別のカテゴリーに当てはまらない法律問題一般の記載です。

民法、商法、その他一般的な法律についての記載です

法律(その他一般)

民法改正 保証契約と情報提供義務

令和2年民法改正で制定された、保証契約に関連しての情報提供義務と極度額規制について記載をまとめました。 新たな問題点などもございます。参考にされてください。 事業者や賃貸借、身元保証、その他継続契約の場合に関係することが多い規定の変更です。
法律(その他一般)

製造物責任法(PL法)とは

大阪神戸間には、尼崎など中小企業の数が多い地域が含まれており、また事務所のある沿線には東大阪のように町工場の多い地域も含まれております。 このために多数の会社に顧問契約を利用していただいております。 その中で、しばしばPL法のご相談を受けます。
法律(その他一般)

賃貸人の地位の引継

西宮や尼崎、宝塚や芦屋は、住宅地なので商業地の中心地のように高額の賃貸借はありません。 ただ、不動産の賃貸借は、やはり生活に直結するものですから、トラブルになりやすいです。 その中で、賃貸人の地位移転についての民法改正規定を説明します。
業務スタンス

弁護士の選び方

法律の素人でもわかる弁護士の選び方 その基本的なポイント
法律(その他一般)

マスクの転売禁止

今年(令和2年)は、国民生活安定緊急措置法により、マスク等の転売禁止期間がありました。 この法律、昭和48年の私が...
法律(その他一般)

家族信託制度

家族信託とは 信託とは、端的に言えば財産を誰かに預けて管理、運営してもらうことです。 たとえば、信託銀行などは、お金を預かって投資信託などで運用し、必要に応じて解約返金してもらうものです。
法律(その他一般)

認知症の方の賃貸借

認知症の方の賃貸借で契約締結に困ることがあります。 契約を締結する能力が無いとみられるリスクがあるからです。
法律(その他一般)

遅延損害金と契約

「時折、契約をしていなくても、支払いに遅れれば遅延損害金は請求できますか」とのご相談があります。 これは金銭債権については可能です。 逆に、遅延損害金以上の損害があっても、基本的には請求できません
業務スタンス

ネットの記載と弁護士としての意見

弁護士も普段から、常に仕事をしているわけではないですから、日常会話などでは、新聞で得た情報などで雑談します。 例えば「ペイオフの法律ができて、預金は1000万円までしか保証されないって」というような話です。
法律(その他一般)

民法 時効の改正について

民法が改正され、時効期間が変更となりました。 この変更については、消滅時効の期間に関して、新法の施行日である令和2...
法律(その他一般)

調査と費用

裁判のための調査、調査機関、費用などの説明です。 裁判では証拠が重要ですが、この収集方法のうち、第三者を利用してのものです。
法律(その他一般)

内容証明って何ですか。

郵便物の配達方法には、いくつかの方法があります。 郵便局や他業種的には別の分類があるかもしれませんが、弁護士的には以下のような検討をしています。
法律(その他一般)

ハラスメントの相談で思うこと

ハラスメントの相談で、時々、「相手にしないのがよい」と回答することがあります。 が、これは、私がハラスメントを軽く見ているのではありません。 突き放しているわけでもありません。 私なりに検討しての回答です。
業務スタンス

裁判までの検討事項。

裁判を起こすまでに弁護士が何を検討していくか。 依頼者や相談者の方に、どのように説明していくか。
弁護士の考え

裁判で驚かれること

民事裁判で、弁護士にとっては普通なのですが依頼者の方に驚かれることを記載します。 ・・・・・
業務スタンス

裁判見通し

弁護士の活動の中で、「裁判の結果を適切に予見し見通す」ということは極めて重要と考えております。 弁護士が適切に事情を整理して、主張していくならば、ある程度、どの弁護士も似た主張になることはしばしばあります。
業務スタンス

尋問の打ち合わせ

尋問というのは、各証人や当事者の証言を裁判所で得て、証拠化するものです。 この前提として打ち合わせするので...
法律(その他一般)

書類作成を弁護士が伝えたとき

陳述書とか書類作成を弁護士が依頼者の方や相談者の方に伝えたとき、どのような内容をどれくらい書けばよいかわからない...
法律(その他一般)

行政書士と弁護士

弁護士と行政書士の違いは、大きなものがありますが、なかなか業界外からは分からないようです。 その違いについて書きます。 ご参考にされてください。
法律(その他一般)

弁護士と司法書士

弁護士と司法書士 司法書士と弁護士とは、どこが違うのか。 両方法律に関する仕事をする程度のことはご理解いただいて...