弁護士事務所の財産


a0003_001886

法律論、経理上の概念とは少し違いますが、弁護士事務所の主要な財産は、「人」ではないかと思っております。

弁護士事務所にとっての財産といえる「人」は3つに分かれます。

一つは、自分自身

一つは、事務員さん

そして最後に、依頼者の方々です。

弁護士事務所には、機械類や特許技術、収益不動産のような資産があるわけではありませんので、価値があるものは、人自身と、人と人とのつながりと言ったものになるかと思います。

弁護士事務所を長く続けることで積みあがっていくのは、人と人のつながりでしょう。

私は、裁判で、誠実に正直に対応することを、よくブログにも書いております。

その理由はいくつもありますが、一つの理由として、よりよい人のつながりを作りたいというものがあります。

正直に誠実に訴訟対応すれば、「正直な弁護士で誠実に対応してくれた」という噂が広がり、正直に誠実な対応を期待する依頼者の繋がりが増えていきます。

弁護士事務所にとって、人のつながりというのは、一番大きな財産です。

その財産の中身が、正直で誠実な人のつながりなのか、勝てば何をしてもよいという人のつながりなのかは、大きな違いです。

私は、弁護士として、正直で誠実な人のつながりを大切にしたいと考えております。

あさがお法律事務所