法律(相続関係)

相続、遺言などに関する記載です。

遺産分割協議(特別受益、寄与分、その他)、遺言執行、後見や保佐、補助などの記載も含みます。

法律(相続関係)

特別受益に時効があるか

民法改正で、特別受益の主張に時効ができたのですか。としばしば聞かれます。 しかしそうではありません。 ...
法律(その他一般)

家族信託制度

家族信託とは 信託とは、端的に言えば財産を誰かに預けて管理、運営してもらうことです。 たとえば、信託銀行などは、お金を預かって投資信託などで運用し、必要に応じて解約返金してもらうものです。
法律(相続関係)

銀行預金の相続と引き出し(民法改正)

遺産として亡くなった後に、その被相続人名義の銀行預金を引き出せるか。 まず、原則として、亡くなった時点で、口座は凍結されます。
法律(相続関係)

調停は弁護士に頼むべきか

調停は弁護士に頼んだ方が良いか。 これについては、現実には、人次第、事案次第、考え方次第となります。 この問いについては、実はこれまでは、当職は「弁護士に頼まなくてもよい」と言うアドバイスを比較的多くしてきました。 これは「調停は基本は話し合いであること」と「争点を確認し、そこに焦点を当てて主張していけば、主張内容はご本人の経験した事項でよいので、問題なく対応できるだろう」と言う思いからです。 しかし、弁護士に頼んだ方が良いことも相当にある事がわかってきました。
法律(相続関係)

相続廃除

相続人からの廃除。 遺留分すら認めない廃除の方法と要件について。
法律(相続関係)

遺産分割無効確認訴訟

遺産分割協議に無効原因がある場合には、遺産分割協議無効確認訴訟が可能です。
法律(相続関係)

相続放棄、相続持ち分の放棄、相続分の放棄

相続については、相続放棄、相続持ち分の放棄、相続分の放棄という3つのよく似た用語の手続きがあります。 しかし、その中身は異なるものです。
法律(相続関係)

相続時に被相続人の遺産が無くなっているとき

被相続人の預金が無くなっているときの対応、調査と訴訟、調停や審判の手続きの検討。
法律(相続関係)

相続の相談事例

過去の経験事例について、こちらに何回かに分けて記載してみます。 なお、事例は、個人のプライバシーや当職の守秘義務を害しないように、内容に一部変更・修正がくわえられております。 また、一事例としての記載であって、全てこのような解決になるものではありません。あくまで参考例としてご覧ください。
法律(相続関係)

遺産分割で、まずすること

身近な人が無くなり、相続が発生そうなとき、まずすることは無いか。 遺産分割で親族間で、まず何をすればよいか。 整理してご説明します。
法律(相続関係)

相続財産の放置

遺産分割には時間的限界はありません。 遺留分減殺請求が絡む場合や相続放棄については別ですが。 このため、長期放置される方が稀にいますが、いくつかの問題が生じます。
法律(相続関係)

「認知症など判断力を欠く方がいた場合の遺産相続」

現状 厚生労働省は2015年1月7日、全国で認知症を患う人の数が2025年には700万人を超えるとの推計値を発表しました。 65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症を患う計算となります。
法律(相続関係)

離婚して別れた妻の子供でも相続権はあるのか?

初めに 離婚するとき、通常は、離婚についての対応で精いっぱいで、その後の相続についてまでは意識が向きません。 し...
法律(会社)

【会社の後継ぎ問題】事業承継と相続

ご自身がこれまで成長させてきた事業を子に承継させたい。 そういう思いをお持ちの経営者の方はたくさんおられると思います。 しかし、事業・会社というものは、出資分に応じて株式などの形で株主に所有されています。
法律(相続関係)

寄与分・特別受益

寄与分と特別受益は、親族間の紛争が激化すると、かなりの確率で出てくる問題です。 以下、それぞれ概略を検討します。
法律(相続関係)

相続・遺留分減殺請求

遺言がある場合、その遺言の内容によって、遺産は分割されます。 そもそも財産は亡くなられた人のものですので、亡くなった人が、どう処分しようが自由ですし、死者の最後の意思は十分に尊重される必要があります。 では、遺言があれば、すべてその通りに相続されるか。
法律(相続関係)

斜線が引かれた自筆遺言書

斜線が引かれた自筆遺言書 初めに 赤ボールペンで斜線が引かれた自筆遺言書は、無効との最高裁判例が出ました(H27/1...
法律(相続関係)

相続財産になる預金の預け先や遺言執行など

相続財産はいろいろな形で保管されています。 税金や分配の難易、相続人や被相続人の希望、被相続人の亡くなるまでの生活などに応じ、不動産、動産、有価証券や現金、預金などいろいろな形で相続財産は残されています。 その中で、相続財産として残されている預金の取扱いについて少し話します(平成の頃の話です。現在、対応変更されているものがある可能性はあります)。
法律(相続関係)

遺言執行者と相続財産管理人

遺言執行者と相続財産管理人 相続に当たっては、当事者や弁護士以外に、遺言執行者や相続財産管理人が関与することがあります...
法律(相続関係)

相続放棄の手続き

民法938条「相続の放棄をしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。」 と定められています。ここまでは、ご存知の方も多いです。 この条文はご存じで、法律相談に来られる方は多いのですが、いくつか誤解されていることがあります。