弁護士の探し方・弁護士を探す

弁護士の探し方・弁護士を探す

弁護士の探し方

弁護士を探すにはいくつかの方法があります。

以下、そのメリットデメリットを紹介します。

知人や会社に弁護士を紹介してもらう

知人に依頼し、知っている弁護士を紹介してもらう方法は、信頼できる弁護士に当たりやすいというメリットがあります。

自分に合うかどうか、どういう弁護士かも、紹介者を通じて生の声を聴くことができるでしょう。

 

もっとも常に自分が依頼したい分野について経験のある弁護士を知っている知人がいるとは限りません。

また、紹介してもらうのに知人に、多少は事情を話さざるを得ないこともあり、そこに気後れすることもあるでしょう。

 
 

 

インターネットで検索する

一般的な検索

近年はこういう方は増えていると思います。

ホームページを作成し、ネット上で広報しているということは、少なくともいろんな人の相談を受けたい、事件に対応したいと考えている事務所ではあります。

紹介がない人や一見の人を歓迎している事務所ということです。

 

そういう意味では、紹介者がなくても安心して連絡ができるでしょう。

弁護士には、広告についても弁護士広告規制がありますので、基本的に虚偽の記載はありません。

まれに派手すぎる広告の事務所もありますが、あなたがあまり商売気のある事務所が嫌ならば、そういうところは避ければよい話です。

仮に紹介などで事務所に行く場合でも、その弁護士のインターネット上の姿勢は確認しておくべきでしょう。

 

 

弁護士会の検索

弁護士会のホームページで、登録されている弁護士を検索する方法です。

弁護士会のホームページなのですから、間違いなく登録されている弁護士が検索できます。

 

住所や電話番号も、事務所を移転があれば報告する必要があるので、正確です。

ただ、弁護士会のホームページに記載されている情報は限られてはいます。

 

弁護士会の登録弁護士の検索をされる場合は、以下をご注意ください

弁護士会の登録は、弁護士1年生の時ですから、これからどんな仕事をするのか、漠然とした希望があるにすぎません。

その中で登録するので、実際に業務についたら、ずれが生じることがあります。

後日、修正の連絡は可能ですが、弁護士が自ら気付いて連絡しないと、登録時と現状のずれが残ったままになっている可能性があります。

 

それと、取扱い分野として、登録される枠が、うまく自分の業務に対応していないことがあるので、記載を控えていることがあります。

例えば、私が登録した時には取扱い分野に「会社更生法、民事再生法、会社整理、特別清算」と一括りでの記載がありました。

しかし、そういう一括りに複数の手続きの記載があるときは、取り扱っていない分野が含まれている可能性があります。

ですので、そういう形で弁護士会のページ上の記載と実際の対応業務には、ずれがある可能性があります。

 

 

 

弁護士紹介サイト検索

弁護士を紹介するサイトでの検索です。

情報が詳細で、定型化されており、比較したり見比べたりしやすい特徴があります。

検索もしやすいことが多いです。

もっとも、有料で広告の一種としてされているサイトも多いので、そこは差し引いて検討すべきでしょう。

 

 

法テラス、弁護士会、市役所、その他機関からの紹介で契約事務所を探す

法テラスを利用できるのは、一定の収入以下で、資産のない方に限られますが、そういう方であれば、費用の支援を受けつつ対応してくれる事務所を探せるという意味で、大変参考になるものです。

 

ただ、法テラスや弁護士会、市役所の紹介の場合は、誰が来るかわかりません。

まったく専門外であったり、その分野には不得手弁護士のこともあります。この辺りは注意すべきでしょう。

 

また、ここで紹介されるのは、そういう機関に登録している弁護士に限られます。

それが良いかは、その人それぞれでしょうが、紹介される弁護士が一定の方向性に偏ってしまうことは否めません。

 
 

その他

他に、これまでは電話帳で探すなどの方法もありましたが、現在はあまり聞きません。

弁護士が行う講演で探す方法もありますが、タイミングなどが合うか、費用がかかることなどといった問題があるでしょう。

結局は上記の3つくらいによることが多いように思います。

 

いずれにせよ、弁護士は可能なのであれば、できる限り広範囲を当たって捜索し、そして何件かで相談のうえで、決めるべきでしょう。

費用はもちろん掛かるのですが、その後に行う依頼の大きさに比べれば、ある程度は出費をしても探して良い様には思います。

そうやって、探した弁護士の中で、どのように弁護士を選んでいくべきかは、またの機会に記載します。

 

朝顔法律事務所へのお問い合わせ

弁護士の選び方

 

 

ページトップへ矢印