弁護士になって、わかったこと

弁護士になって、わかったこと

弁護士になって分かったこと

弁護士は特殊な業界ですので、中に入って初めて分かったこともあります。

そういう内容、弁護士になって初めて知ったことを記載します。

 

 

弁護士の心構え

本音で

弁護士になる前は、弁護士がテレビに出てインタビューなどを受けたり、記者会見を受けたり、慈善活動するのを見て、

「いいこと言い過ぎ・・・」

「所詮は広告的な対応では・・・」

「何の得もないのに、そんな親切にはしないだろう」

と思っておりました。

 

周りからも、しばしばそういう声を聞きました。

 

ところが、自分が弁護士になると、

実際に「人に親切に」「思いやりをもって」「仕事はお金だけでなく、全力を尽くして」

と、結構、本音で思います。

で、そういう考えで活動をします。

建前ではないです。

 

とはいっても

ただ、正直言って、それは、ある程度生活基盤が安定しているから出来る考えでもあります。

弁護士になる前、本当に生活が厳しい時は余裕がなかったんで、そんな考えはできませんでした。

 

本当に経済的に厳しい状況で働いていたり、過労死寸前の長時間労働をしていると、こういう考えは不可能なところはあります。

私も、サラリーマン自体、人から命令されて時間と仕事に追われていたころに、そんな思いやりを持てていたかというと自信はありません。

こういう社会の前にという活動は、見方によっては、自分に立場があるからこその甘い考えに見える一面もあることも、十分わかっております。

 

長く記憶に残る仕事

まったく話は変わって、弁護士というのは、良くも悪くも長く覚えておいてもらえる仕事です。

弁護士側では1回か法律相談を行っただけでも、その後に数年ぶりにお礼や報告に来ていただけることがあります。

これは大変うれしいですね。

正直に言いまして、私の方では、数年前の対処ですと、相談内容など忘れていることもあり、過去の記録を探して記憶を喚起して対応することもあります。

 

このことで思うのは、私の対応や私の仕事自体は、短いときは1回1時間程度で終わっても、相談者の方や依頼者の方は、その後その事後処理などに、相当時間や手間をかけられているということです。

私の対応がひと段落してから、何日もたってからご連絡があると、弁護士の仕事というのは、私の対応時間自体は短くても、その後にさまざまに長い期間、その人に影響する仕事ということを再確認できます。

 

お礼に来ていただいて、うれしい気持ちと同時に、

「1時間の法律相談でも、その方はそれを前提に、何年間もの間、対応や行動を決められるかもしれない。」

と再認識し、丁寧な仕事をしなければならないと自戒しております。

 

 

弁護士の独立

またまた話は変わりますが、弁護士業界は独立開業や別事務所への移転が多い業界です。

弁護士になって知りましたが、1年で転職してしまうことも珍しくありません。

 

別業界に行く人は少ないですが、同業界内での転職はごく一般的です。

普通のサラリーマンよりずっと多い印象があります。

一人で出来る資格であることや、それぞれポリシーをもって仕事をする人が多い業界だからでしょうか。

最近は弁護士専門の仲介業者や転職サイトも増えております。

 

 

最近、私の周りの弁護士が、何人か独立しました。

事務所を拡大して移転したり、法人化した弁護士もいます。

弁護士業界も、弁護士が増えて競争が激しくなってきましたが、まじめにコツコツやっている人は、信用も増えて問題なくやっているようです。

 

頑張っているほかの弁護士を見ると、「私もがんばらないと」という気持ちになります。

 

まとめ

あまり脈絡のない話の羅列になりましたが、弁護士業界の外から、弁護士業界内に入って、知ったことを記載してみました。

どのような業界でも、やはり中に入ると特殊な面はあります。

問題はそれを理解して、よりよい仕事に結びつけることかと思います。

 

あさがお法律事務所

ページトップへ矢印