内容証明って何ですか。

郵便物の配達方法には、いくつかの方法があります。

郵便局や他業種的には別の分類があるかもしれませんが、弁護士的には以下のような検討をしています。

(単に意思を伝える場合で争いが無いであろう場合)
普通のハガキや封書・・・・・届いたかどうかの証明はありません。

(到達を確認したい場合で、郵便受に入れてほしい場合(相手が受け取らない場合))  
特定記録郵便・・・・インターネットで相手のポストに配達したことを確認できます。

(到達を確認したい場合で、手渡しにしてほしい場合)
書留・・・・発送日と到達日、経由郵便局が確認できます。
簡易書留・・・・発送日と到達日が確認できます。

(送った文章の内容を証明してほしい場合)
内容証明郵便・・・・文章の内容が郵便局に保管、証明されます。

(到達日の証明書面が欲しい時)
配達証明・・・・相手に書面が届いたことを証明する葉書がくる

以上のように、各郵便は、どこまで証明してもらいたいかで、どういう方法で出すかを決めております。

証明する内容が増えれば、費用と手間は上がります。

なお、しばしば、内容証明郵便を、特別な請求のようにお考えの方がおられますが、そういう意味はありません。

ただ、特に弁護士が内容証明を出した場合、訴訟できる資格がある人が、訴訟準備しながら最終提案として出すことが多いので、「この内容に応じなければ訴訟になりますよ」と言う趣旨を持つ場合もあります(そうでないこともあります)。

関西の法律のご相談なら

西宮の法律事務所