弁護士の様々な評判・・・


a0070_000263

先日、あるブログで、テレビや雑誌やインターネットで有名な人と、弁護士会内で有名な人は違うとの記載がありました。

それはそうでしょう。

それぞれの場面で、それぞれ評価は変わるものです。

一番良いのはどこに行っても、よい評価を得ることだと思います。

誰に聞いても称賛される立派な弁護士が理想で目指すところです。

でも、どちらかを選べと言われれば、「社会一般の人に広く知ってもらいたい。依頼者に評価してもらいたい」、私は、そういう姿勢でやってます。

ただ、弁護士業界では少し特殊なところはあります。

①裁判では紛争に介入します。

この紛争は、当事者間に相当の言い分があって、やむを得ない事情で生じるものもあります。

しかし、反社会的勢力やトラブルメーカーやクレーマーが一方的に絡んで生じているものも多いです。

そこで、弁護士が介入して、紛争を解決すればどうなるでしょうか。

あなたが、今、争っている相手を想像してください。

中には、「自分が間違えていた」と反省する人もいるでしょう。

しかし、「あの弁護士が悪い」、「裁判所が悪い」など、逆恨みする人も多いです。

そして、そういう人は、周囲の人やインターネットなどで、裁判所や相手や弁護士を非難します。自己が正義(そして評価してくれない人は悪)と考えている人であればあるほど、粘着質で虚偽もお構いなしの非難をするでしょう。

そして、そうやって敗訴した人が作り上げた評判や口コミ・・・、これがどれほど当てにならないか。言うまでもありません。

②また、他の業界ならば、当然に「内輪で有名なだけでは仕様がない」ということになるのでしょうが、弁護士業の場合は、社会全体を敵にまわして争って、後日、それが正当と評価されるということもあります(冤罪事件など)。

そういう事例では、一般に世間の評価より、内輪の評価の方が正しかったりします。

そういう意味で、単純に社会の多数が評価するから正しいとも言えない法曹業界の特殊性があります。

③さらには、専門職ですので、その分野の専門家でないと評価が正しくできないという面もあります。

実際に、様々な局面から証拠を全て確認すれば、裁判所の認定や弁護士の主張が「自分の考え方とは違うな・・・」「この立場なら、こういう主張になるかもしれないな・・・」程度のずれはあっても、「明らかにおかしい」などと言うことは、まずありません。

しかし、判決文を確認せずに、ニュースの見出しだけで作られた評判を盲信すると、やはり誤った噂に流されてしまします。

とは言っても、テレビや雑誌、インターネットや口コミなど、社会一般の評価を無視して行動してもよいというのは言い過ぎでしょう。

そういう媒体での評価は、やはり大切なものだと思います。

上記の点を差し引きながら見れば、検討すべき一材料にはなると思います。

弁護士は、様々な局面や媒体で、評価される仕事をしていかなければならないと考えております。

あさがお法律事務所