紛争に介入する職業

ダウンロード (1)

合法違法を問わなければ、世の中には、紛争に介入する仕事は、大きく2つあると思います。

一つは、弁護士

もう一つは、やくざです。

2つの仕事の、「形式的な違い」は、司法試験に合格して、国家が紛争に介入するお墨付きを与えているかどうかです。

弁護士法 第72条で「弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件」「その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない」とされています。

弁護士法 第77条で「次の各号のいずれかに該当する者は、2年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処する。 三 第72条の規定に違反した者」と、違反には罰則もあります

このような形式的な違いも大切ですが、実質的な違いはもっと大切だと私は考えております。

弁護士とやくざの「実質的な違い」は、

「基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とすること」(弁護士法1条)

「誠実にその職務を行い、社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力すること」(弁護士法1条)

「常に、深い教養の保持と高い品性の陶やに努めること」(弁護士法2条)

と言う姿勢で活動しているかどうかということでしょう。

実質的に弁護士と言える姿勢をもっている弁護士ならば、これらを守ってその中で依頼者を守ろうと活動します。

これに対して、やくざは、いろいろ理由は付けても、結局、自分の利益を確保するために法的に成立しないことやこじつけを押し通そうとします。

社会の秩序より自己の利益を重視して、大声をあげたり、暴力や嫌がらせでトラブル解決を図ろうと活動します。

私は、裁判で敵対する相手にも、最低限の礼儀を持って対応します。

本人訴訟などで、時折、無礼な書面を送ってくる相手方もいますが、あくまで冷静に法律論に乗っ取って反論します。

法論理的に全く成立しないことを、強弁を振りかざして主張することはありません。

依頼者に対しては、誠実に不利なことも伝えて、その希望を第一に対応します。

なぜならば、私は実質的に、弁護士として職務を遂行することにプライドをもっているからです。

目的を達成するのに、何でもやるのでは、実質的には、やくざと変わりません。

あくまで、形式だけでなく、実質的にも、弁護士と言われる活動をするのが、私の仕事です。

あさがお法律事務所

法律相談のお問合せ先

会社のご相談なら

西宮のあさがお法律事務所の事件処理方針