2017-11

法律(会社)

中小企業と労働基準法

中小企業において労働基準法違反は、それなりに多いです。 しかし、中小企業の経営者の方には、実際には従業員思いの人は相当に多いです(もちろん、問題がある人もいますが)。 従業員思いの人が多いのに、労働基準法違反となるのは、以下のような例があるからです。
業務スタンス

弁護士の広告営業活動

弁護士は、いわゆる積極的な営業活動はできません。 弁護士規範上も許されませんし、実際にも各家庭に「トラブルありませんか」と売り込んで廻れば、営業どころか逆効果でしょう。