弁護士への不満について

弁護士への不満について

弁護士が役に立たないといわれる人

「弁護士なんか役に立たない」とおっしゃる方がいます。

なかなか上手くいかないことへの苛立ちからの不満として、こういう文句が出るのは、理解できることもあります。

しかし、中には弁護士の業務をドラマなどから勘違いしておっしゃっている方も居られます。

 

 

法律とは

日本は法治国家ですので、資料を正確に確認して、専門家が見れば、法律的には勝ちか負けかはある程度目途が付きます

テレビドラマのように、やり方によって、事実が覆っての予測外の逆転など、まずはありません。

(無いと思っていた証拠がうまく手に入って逆転などということは時折あります)

 

そのようなものが日常にあり、ほとんど同じ事案なのに、判決がコロコロ変わるならば、むしろ恐ろしくて、裁判など利用できないでしょう。

契約だって結んでも無駄、弁護士次第でころころ変わるということになりかねません。

ですので、法律家が事案を見れば、ある程度の結論の予測は立ち(もちろん100%ではないですが)、時には「敗訴可能性」を告げるしかないこともあります。

そうすると、「敗訴の可能性」を告げられた人は「弁護士なんか役に立たない」と、不満を口にされます。

 

 

正確な診断が仕事

しかし、医師に置き換えてみてください。

症状を診断し、検査を繰り返し、手を尽くしたが末期がんと分かれば、そう告げるでしょうし、それで「医師が役に立たない」ことにはならないでしょう。

病気に憤りを感じても、医師は「正確な診断を専門家としてした」となるでしょう。

 

弁護士も同じです。

事情から専門的に勝訴が難しければ、それを正直に告げるのが仕事です。

そして、その場合でもトラブルの広がりを防いで、少しでも損害を減らすために行動するものです。

 

そこを正確に判断するのが弁護士の仕事であって、

「逆転裁判がころころ起こるなどと言うのは、裁判前の見通しがずさんである」=「弁護士に問題がある」

とも言えるのです。

 

弁護士に相談に来られる方は、「何とか勝てる方法を」と期待してきます。

ですので、負ける可能性を告げられると、ご不満に思うことがあるのは理解できます。

しかし、それは専門家としての冷静な見通しを告げているのだとご理解いただければ幸いです。

 

 

弁護士への相談のメリット

弁護士への相談のメリットはどこにあるのか。

これはまさしく、そういう正確な診断とアドバイスがもらえるところにあります。

 

敗訴の可能性が高いのに、「大丈夫、勝てます、着手金50万円です」と言われればどうでしょうか。

法律の専門家でない相談者の方は、支払ってしまうと思います。

そして、敗訴するでしょう。

しかし、これでは結局、2重に損害を受けるのは、依頼者の方です。

 

負けるならば、「少しでも損害を抑えるように、負けることを前提にどう対処するか、あるいは負けた後にどう対処するか」、それを共に考えアドバイスするのが弁護士の仕事になると私は考えております。

時にはあきらめる方が、ご本人にとって、金銭的にも、社会的にも、メリットがあるということはあります。

その場合に、そういうアドバイスを適切にできることが弁護士にとっては重要です。

 

 

本人訴訟

なお、弁護士がいない場合は、勝てる裁判で不利な結論になることはあります。

最低限の専門知識が無いが故でしょう。

特に、そういう場合は、その時点ではうまくできたつもりでも、何年かたって、初めて不利であったとわかる場合もしばしばありますので、ご注意ください。

 

「弁護士がついていることで、負けるものが勝てるということはありませんが、弁護士がついていないと勝てるはずのものが負けることがある」

そういうものだとお考えください。

 

注意

一点だけ弁護士に不満を持ちながら、あちこちの弁護士を廻る方がいます。

それ自体は良いのですが、「対応が難しい」という回答が続くと、甘言をもって近づいてきた事件屋、反社会的勢力を頼られる方がいます。

これは大変危険なうえ、メリットは全くないのでおやめください。

 

 

西宮のあさがお法律事務所

弁護士の費用

ページトップへ矢印