よくある質問(著作権問題の相談など)「あさがお法律事務所(大阪 神戸 西宮)」

著作権関係について

著作権侵害をやってしまいました。でも、誰からも文句は言われてないし、いいですよね。

回答1

駄目です。法律家として、当然、そのようなことを「いい」とは言えません。

また、貴方の利益からも気をつけたほうが良いです。

著作権に関しましては、侵害があってもある程度、放置しておいて、損害が拡大してから訴えるという訴訟テクニックがあります。DVDを一回コピーしたことで、わずかな金額で著作権法違反に問うより、1万回くらいコピーするまで放置しておいて、大金を請求したほうが良いからです。

今、どこからもクレームが来ないからといって安心しないでください。

(元のページに戻るにはブラウザの元に戻るボタンで)


著作権関係について

当社は著作権侵害されています。しばらく放置して、損害が拡大してから訴えればよいですね。

回答2

そうとも言えません。

「米国の老舗ギターメーカーのギブソン社が、同社製品と同形態のエレキギターを製造販売していた日本のメーカーを不正競争防止法に基づいて訴え。一旦はギターの形態が周知な商品等表示としての機能を獲得したものの、その後の多数のコピー・モデルの販売を放置していたことによって当該機能は消滅した」という判例があります。

不正競争防止法上の争いのため、著作権に関してもこの判例が及ぶかはわかりません。

が、一回は、そのデザインに法的保護に値する価値が生まれたとしても、その後、コピー品を放置したら、その価値は消滅するとの考え方は、注意に値するでしょう。

私見ですが、訴訟を起こしても費用倒れにならない程度の損害が発生すれば、訴訟提起しておくことをお勧めします。

(元のページに戻るにはブラウザの元に戻るボタンで)


著作関係について

著名コピーライターから、すばらしい著作物を譲ってもらったんですよ。この著作物が当社に権利があるって、確実にしておく方法ってありますか?

回答3

著作権は、登録なくても、当然に発生する権利なんですが、より確実な権利取得をするために登録制度が置かれています。

より確実にするために、文化庁への登録を検討されても良いでしょう

(元のページに戻るにはブラウザの元に戻るボタンで)


著作権関係について

他人のイラストを許諾なくネットに載せたら、著作権法違反ですよね。でも、オークションで販売するのに載せたいんですけど。

回答4

大丈夫ですよ。

取引に必要な限度で、画像をアップロードしたり、カタログに載せることは違法でないです。

ただし、①複製防止②著作権者を害さないための措置をとることが必要です。

(元のページに戻るにはブラウザの元に戻るボタンで)


著作権関係について

著作権フリーて書いてあるから、自由に使ってよいですね

回答5

いいえ。

著作権フリーとは、著作物の使用に対価が発生しないという意味で使われることが多いです。

著作人格権の不行使まではしていない場合が普通です。

注意しましょう。

(元のページに戻るにはブラウザの元に戻るボタンで)

ページトップへ矢印