よくある質問(破産、任意整理、過払い関連)「西宮のあさがお法律事務所」

破産/任意整理/過払関係について

破産したら、旅行に行けなかったり、身内に迷惑をかけたりしませんか?

回答1

法律上、原則としては、そのようなことはありません。

破産した場合に生じる不利益は、金融機関に記録され新たな借り入れが出来なくなること(ETCカードをお使いの方ご注意ください)

特定の職業(他人の財産や権利を預かる職業等です。詳細はお問い合わせください)の制限があること

などです。

破産は各個人の制度なので、お身内の方が保証人などになっていない限り、お身内の方に迷惑をかけることはありません。

(元のページに戻るにはブラウザの元に戻るボタンで)


破産/任意整理/過払関係について

破産したら、養育費や傷害の損害賠償なども支払わなくともいいのですか?

回答2

破産で免責を受けることができない債務がいくつかあります。(破産法253条)

上記債務も支払いを免れれません。

他にも税金などや害意(条文上は「悪意」)を持っての不法行為の損害賠償についても支払いをのがれれません。

なお、破産自体は可能です(特定の債権だけ免責を受けれなくなるだけです)。

(元のページに戻るにはブラウザの元に戻るボタンで)


破産/任意整理/過払関係について

破産するお金が無いのですが?

回答3

破産にも、もちろん一定の費用はかかります。

破産するわけですからお金が全く無い人も居るでしょう。

分割払いなど、いくつか方法がございます。

ご連絡ください。(なお、借金関連の相談料は無料です。)

(元のページに戻るにはブラウザの元に戻るボタンで)


破産/任意整理/過払関係について

ブラックリストに載ると永遠に借り入れやローンは組めないのですか?

回答4

そのようなことはありません。各機関によるのですが、一般に7-10年で信用情報(ブラックリストの登録)は消えるといわれています。

早めに対応すれば、それだけ早く消えますし、生活再建の計画も早く始めれます。

迷うよりご連絡ください。

(元のページに戻るにはブラウザの元に戻るボタンで)


破産/任意整理/過払関係について

周りの人に知られませんか?

回答5

官報に掲載されますので、官報を読んでいる人で、かつ破産者の欄をチェックしている人には知られます。

しかし、官報を定期購読している人など、滅多に居ません。また、官報を購読していても、破産者の欄など滅多に見ません。

事実上、知られる可能性は低いでしょう。

(元のページに戻るにはブラウザの元に戻るボタンで)


破産/任意整理/過払関係について

破産以外の手続きは無いですか?

回答6

いくつか、多重債務救済の手続きはあります。

①任意整理-債務者と債権者で話し合って、支払える額で手を打つ(示談する)手続きです。

②特定調停-任意整理のような話し合いですが、間に裁判所が入ってくれます。

③小規模個人再生-債務を5分の1程度に減額(場合によってはそれ以上になることがございます)して、3-5年で返済していく方法です。自宅を残せると言う大きなメリットがあります。

それぞれの手続きの中で、時効援用や過払い金返還請求をして、具体的な返還額を確定させてから行います。

(元のページに戻るにはブラウザの元に戻るボタンで)


破産/任意整理/過払関係について

最近、よく過払い金返還という言葉を聞きますが、どういうものですか?

回答7

数年前までは、貸し金業者は、年25~29パーセントの高金利で貸し金の返還を受けていました。

しかし、これは利息制限法上の利息の上限(15~20パーセント)を超えています。そこで、利息制限法上の上限と当時の金利との差額を返してくれと請求するのが、過払い金返還請求です。

利息の差額といっても、借入や弁済期間が長く借入額が多い方などのなかには、500万や1000万と言う金額になるった人もいます(全てそうなるわけではありません)。

(元のページに戻るにはブラウザの元に戻るボタンで)


破産/任意整理/過払関係について

過払い金返還請求には、どのような証拠が必要ですか?

回答8

会社名さえわかれば、他は不要です。

当事務所で、貸し金業者に資料の開示を求めます。

時間はかかりますが、会社名がわからなくても、あなたの個人情報を教えていただければこちらで、調査することも可能です。

(元のページに戻るにはブラウザの元に戻るボタンで)


破産/任意整理/過払関係について

過払いの事務所ってよくありますが、あさがお法律事務所で過払い金返還請求した場合の特徴は何ですか?

回答9

依頼者の意向や意見を第一に聞くことです。

過払い金の返還請求をした場合、貸し金業者は相手が弁護士だと、「〇割くらいの支払いで負けてくれないか。」と言うようなことを言ってきます。

この際、割引で応じるか(処理が早い)、徹底的に争うか(全額の回収が可能)。いくらくらいで話をつけるか。情報をお伝えした上で、貴方に選んでいただきます。

(元のページに戻るにはブラウザの元に戻るボタンで)


破産/任意整理/過払関係について

過払い金請求は、司法書士にしてもらうときと弁護士にしてもらうときで何か差はありますか?

回答10

司法書士ですと140万円以上の過払い金請求が出来ません。過払い金が、この金額を超えることはしばしばあります。

料金的には、各事務所ごとに異なりますので、電話やメールなどで確認されてみるとよいでしょう(ネットでの各ホームページを比較した限りでは、司法書士だから安い、弁護士だから高いと言うことは無いようです。)。

(元のページに戻るにはブラウザの元に戻るボタンで)


破産/任意整理/過払関係について

サラ金会社からの連日の取立ての電話に悩んでいます。なんとかなりませんか?

回答11

弁護士に依頼しましょう。

弁護士が受任通知を送れば、すぐ止まります。


ただ、いわゆる闇金関係は別です。弁護士が介入しても、しつこく連絡してくることがあります。

しかし、そういう相手には元本すら返す必要は無いことも多いです(常にそうなるわけではありません)。

簡単に屈せず、その場合も弁護士にご相談ください。

(元のページに戻るにはブラウザの元に戻るボタンで)

ページトップへ矢印