弁護士の選び方

a0003_001887

時折、当事務所にセカンドオピニオンを聞きに来られる方がいます。

で、いろいろな相談を受けます。

その相談に対する回答で、結構な割合、「推測にはなりますが、おそらく今、依頼している先生は、こういう意向でしょう」というような回答になることがあります。

「今依頼している弁護士がどういう考えで動いているのかわからない」と不安を感じて、それを聞きに来られる方は結構多いです。

そこで、私は依頼者の方に推測を説明した後に

「それ、今、依頼されている先生に聞けば、すぐ教えてくれることだと思いますよ。」

と伝えます。

これに対して、

「今の先生には、恐ろしくて、そんな質問できません・・・」

と答えられる相談者の方は、それなりにいます。

弁護士を選ぶ基準はいろいろとあるでしょうが、一つ、疑問を聞きやすい弁護士、話しやすい弁護士を選んだほうが良いと思います。

そうでないと、不信感や不安感が生じることもありますし、私どもの事務所にセカンドオピニオンに来る方のように、余計な費用や手間が掛かることもありますから。

実際、資格を持った弁護士が、さまざまな事情を考慮して対応しているわけですから、セカンドオピニオンに来られても、前の弁護士の対応がおかしいということは滅多にありません。

たいてい説明不足で、相談者の方は、不安に感じていることがほとんどです。

弁護士を選ぶ一つの基準として、あなたから見て、話しやすい弁護士を選ぶことは一つの基準になると思います。

あさがお法律事務所

弁護士費用の自由化と報酬

a0002_012127

弁護士報酬は自由化されています。

このため事務所に応じて、高額の報酬の事務所も安い報酬の事務所もあります。

その中で、依頼者は事務所を自由に選ぶことが可能です。

しかし、ここで注意すべきは、報酬が自由化され、自由競争がされることと、相手の無知につけ込んで高額の契約を結ばせてもよいこととは別であるということです。

弁護士業界に限らず、ほとんどの業界では、報酬や費用は自由です。

消費者が自由意思で、合意し契約を結びます。

しかし、「相場が不明瞭なものについて、消費者を丸め込んで契約させることは自由契約だから許される」というものではありません。

実際に、一部の業界での金銭トラブルなどが消費者センターなどを通じて、新聞を騒がせることがあります。

弁護士業界でも、「自由報酬になったから、いくらで契約しても、依頼者の自由意思だからよい」というわけでないことは、同じです。

一般に相場のわかりにくい業界であるからこそ、そこは注意して相場を伝えて、十分、理解いただいてから契約してもらう必要があるでしょう。

当事務所では、各相場を理解していただくために、弁護士報酬の相場についての日弁連の資料と中小企業の報酬相場についての資料を置いております。

これらは、インターネット上でも、日弁連のサイト(クリックで飛びます)で、閲覧ができます。

あと、かつての旧弁護士会報酬基準(クリックで飛びます)も、拘束力はないものの相場の参考にはできるでしょう。

ただ、少し、両方極端な気はします。

日弁連報酬基準は高い気がしますし、弁護士報酬アンケートは低い気がします。

なお、私どもの事務所では、必ず見積もりを、契約前にお伝えします。

事案に応じて、その難易や危険度に応じて、当事務所でも相場より安くなることも高くなることもあります。

しかし、十分に相場や他の事務所での費用を理解していただき、そのうえで契約を結んでいただくことが大切だと思っております。

あさがお法律事務所では、相談者、依頼者の方の無知につけ込むようなことは厳に控えております。

あさがお法律事務所

あさがお法律事務所の料金表

弁護士も悩みます

a0960_006830

理屈ではこう・・・・法律論では、こうなる・・・・。

そのように私どもは、冷静に依頼者にお話しします。

皆様に説明するときは、私は理屈や根拠、過去の裁判例などから、冷静に、検討すべきところ、手の打ちどころを話します。

しかし、私どもも悩まないわけではありません。憤りを感じないわけでもありません。

弁護士も悩んで、いろいろと考えます。

そして、十分、考えに考えて、最終的には、やむを得ない点はやむを得ない点として認識して、冷静に説明します。

弁護士は、この悩んでいるところを、憤りを感じているところを、依頼者に見せることは通常ありません。

ですので、依頼者の方は、いつも冷静に見通しや結論を検討して、私が話しているように見えることもあるかと思います。

しかし、説明するときは冷静でも、その前は依頼者(もちろん、ご本人ほどではないでしょうが)と同じように弁護士も相当に悩んでおります。

ただ、さんざん悩んで腹が立っても、考えるだけ考えた後は、冷静になって依頼者にとって一番メリットがあるのは何かを考えてアドバイスし、対処していきます。

あさがお法律事務所

高校野球シーズン中はご注意

a0777_000002

当事務所は、甲子園球場、甲子園駅より約1kmの場所にあります。

甲子園まで、電車で3分。

自転車でも10分程度、頑張れば歩いてもいけます。

阪急電車と阪神電車の乗換駅の駅前になっております。

という場所ですので、野球の時期、特に土日祝日や夏の甲子園開催期間は、交通機関が混みます。

それでも電車で来る場合は良いですが、車の場合、駐車場が空いていないこともあります。

真にお手数ですが、甲子園で野球開催する日は、電車でお越しいただいた方が良いと思います。

よろしくお願いします。

定期的な報告

a0001_012121

弁護士は依頼者の権利を依頼者に代わって行使する仕事である以上、依頼者の方への定期的な報告は当然と思っております。

正直に言いますと、過去には報告が少し空いたことがありました。

それで、依頼者の方にご指摘されて、なんとか迷惑をおかけしないようにと自分なりに考えました。

弁護士という仕事は、各自独立して仕事をするので、自分の業務は間違いの無いように、自分自身で監督する必要があります。

その中で、私は過去に一度報告を忘れたことのある反省から、今は

①資料をカバンから出してロッカーに入れるとき

②相手から届いた資料をロッカーに入れるとき

に、かならず依頼者に報告すると自分の中でルールづけています。

自分の業務の中で報告するタイミングを、癖づけて、「鞄や郵便受けから資料を出す=依頼者に報告する」という形にしております。

自営業の場合、自分なりに依頼者の方に迷惑をかけないためのルールを細かく決めておくことが、良い仕事のコツかと思っております。

あさがお法律事務所

電話応対での名乗り

a1180_012343

当事務所への電話は、時に転送されます。

転送されたときですが、大変失礼だとは思いながら、当職は相手が名乗ってから名乗るときがあります。

これは、実は事務所の電話の転送の場合、個人の携帯電話に転送されてくるので、私個人への電話か、あさがお法律事務所への電話かがわからないことがあるからです。

いずれについての電話か、わかっている時。

個人への電話と分かっていれば、個人名を名乗って出ます。

法律事務所への電話と分かっていれば、事務所名で出ます。

しかし、どちらかわからない時、どうしても躊躇してしまいます。

かけた人も、弁護士事務所にかけたはずなのに、普通に個人名だとびっくりするでしょうし、逆に個人にかけた人が事務所名で出られても驚くかと思います。

で、どちらにかけたかわからない時、名乗るのを躊躇し、相手がどちらにかけたかわかってから名乗ることがあります。

大変失礼かと思いますが・・・。

あさがお法律事務所

お問い合わせ先

弁護士相談と言い方

a1180_004698

法律相談において、相談に来られた方になるべく緊張をせずに、リラックスして十分にお話しいただき、少しでも解決に近づくアドバイスをしたいと思っております。

時には、事案的に難しいと言わざるを得ないときもありますが、それでも相談に来た人が、苦痛に感じないように、できる限りは言い回しに注意をするようにしております。

結論的に、対応が難しい(専門外などという理由ではなく、事案的に訴訟しても負けるというようなとき)場合は、「無理なものは無理」とお伝えします。

ただ、言い方はなるべく気を付けるようにしております。

それでも、時折、相談者の方が帰ってから「言い方が悪かったかな」と反省することもあります。

あさがお法律事務所

これやったら、勝てますかと聞かれますが・・・

a0001_012324

私どもは、法律相談に来ていただいた方に、今後の対応策など、アドバイスします。

そのアドバイスについて、「・・・をしたら勝てますか」とか「・・・したら確実ですか」と聞かれることは、よくあります。

実際には、確実にアドバイス通りしたら、勝てるという内容は滅多にありません。

あるアドバイスを守ってくれれば、勝てる可能性が数パーセント上がるとか、相手が勝てそうな主張や証拠の一部を潰せるということがほとんどです。

ですので、「・・・をしたら勝てる」ということはなく、勝てる可能性が少し上がるという場合が多いです。

そういう可能性の積み重ねで結論が動く裁判もありますので(弱い証拠を単発で大量に積み重ねても意味はありませんが)、「・・・をしたら勝てる」と断言しないアドバイスでも、軽視はしてもらいたくないです。

私どものアドバイスは、ご本人にとって、手間になったり気分がよくない内容のものもあります。

(例えば、心療内科に行って診断書とってくださいとか、断られるとわかっている相手にあえて連絡して断られた証拠を取ってくださいとか)

ですので、相談者の方の「確実に上手くいくと言えないなら、そこまではしたくない」と言う心情は理解できます。

しかし、そういうアドバイスでもできる限り、従って行動していただけた方が、最終的には依頼者の方のメリットになるものですので、対応していただけると幸いです。

(もちろん、全てアドバイス通りにしていただいても、どうしようもない事例もないではないですが。)

あさがお法律事務所

立法問題

a1180_006004

弁護士として、仕事をしていると、立法の不備や問題が目に付く時があります。

とは言っても、おおげさなイデオロギーじゃなく、実際に生活している中で、みんなに生じる可能性があるいろいろな問題です。

例えば、相続。

相続人が何代にもわたり放置された不動産名義、相続人の一部が行方不明で対応のしようがない、そういう事案をしばしばみます。

あるいは、離婚。

面会交流の方法など、現状、子にとって理想的なものといえる関係を持てている人は限られているでしょう。

中小企業の支配関係などもそうです。

大企業のように複数の株主、公開されている株式の場合は対応はいろいろ考えられますが、51%の株を持つ人と49%の株を持つ人の2人の株主しかいない中小企業などの場合、49%の株を持つ株主の権限は極度に弱まります。

大きな災害対策や憲法問題などももちろん大事ですが、日常の生活に繋がる立法問題にも、もっと目が向けていくべきかと思います。

あさがお法律事務所

お金は無いですが。

a0002_011393

ごく一般的な弁護士からすれば、私は多くの報酬をもらっているということは無いと思います。

あんまりお金はないですね(笑)。

ただ、30歳前半くらいまでは極度に貧乏だったので、多少でもあれば、悠々と生活できます。

若いころは給料も少なかったですし、結婚したころもお金がなかった。

結婚後は大学院に行くのに、給料の半分と賞与全額を貯金に廻していたし、大学院生のころは妻の収入と貯金だけの生活だったので、当然にお金がなかったです。

弁護士になっても駆け出しのころ、事務所を開いたばかりのころはお金がなかったです。

ですので、家族4人で20万円以下の収入で暮らしていた時期が長く、そういう生活に慣れていたので、今、そこそこの収入でも十分に暮らせています。

お金はあまりないですが、

良い職場とやりがいのある仕事と優しい家族と気がおけない友人とで、

まあ、それなりに幸せにやれているかと思います。

弁護士紹介