相続分の譲渡

相続分の譲渡と言う手続きがあります。

これは相続分放棄(他の相続人全員に対して相続持ち分放棄して、公平に分配する)と違い、特定の人に相続分を譲るものです。

例えば遺産分割協議の中で、「自分は受け取るつもりはないが、自分の受け取り分はお兄さんに受け取って欲しいというような場合」にされる手続きです。

この手続きをすれば相続協議から抜けることになります。

そしてご自身の取得分は、譲渡された人に移ります。

調停の手続き中などでも、書面を出せば、手続きから抜けることができます。

ただし、この場合も「相続分の放棄」と同様、債務は逃れることができません。

通常は、話し合いで、多く財産を取得する人が負担する取り決めをしますが、「相続放棄」と違い、債権者には対抗できません。

ご注意ください。

また、以下の通り、第三者に譲渡した場合は、他の相続人は取り戻し権があります。

これは親族間でされる遺産分割に、親族外の第三者の介入があることを嫌う相続人のために規定されています。

民法 第905条
1 共同相続人の一人が遺産の分割前にその相続分を第三者に譲り渡したときは、他の共同相続人は、その価額及び費用を償還して、その相続分を譲り受けることができる。
2 前項の権利は、一箇月以内に行使しなければならない。

相続分の放棄について