相続分の放棄と相続放棄(2)

相続分(相続持ち分)の放棄は、相続放棄と用語は似ていますが、その中身は違います。

相続分(相続持ち分)の放棄は、相続する持ち分を、他の相続人全員に対して放棄(実質は譲渡)するものです。

遺産の分配の仕方の一つです。

遺産分割の協議や調停などでは、法律上、相続人全員の参加が必要ですが、人によっては「財産は要らないし、揉めるなら関わりたくない」と言う人もいます。

そういう人が、「自分は遺産は、要らないから、他の親戚らで分けて。その代わり揉めごとには呼ばんといて」という手続きです。

ここで、勘違いしやすい重要なポイントがあります。

それは、債務(借金や支払い義務)は「相続分の放棄」が出来ないということです。

ですので、理論上は、自分の相続分を譲っても、相続した支払義務、借金だけは責任を負うことになります。

債権者からすれば、相続の内輪の取り決めなど知らないということです。

相続持ち分の放棄をしても理論上は債権者から請求を受けます。

しかし、債務超過でない限り、普通は、プラスの財産を相続した人が借金も支払うことを約する取り決めをすることが多いです。

なお、相続分(相続持ち分)の放棄は遺産分割協議の一種ですから、3か月以内と言った期間の制限はなく、いつでもできます。

相続分の放棄の場合ですが、これは放棄した人の持ち分が各相続分に応じて公平に割られます。

理屈で計算を考えるとややこしいですが、計算式は、以下の通りです。

放棄後の残った人の相続分=本来の相続割合×持分を放棄した人を除いた相続分割合の分母と分子を入れ替えた数

例えば

妻の相続分1/2×4/3(相続分放棄したのが2人の子のうちの1人の場合(1-1/4の答えの3/4の分母と分子を入れ変えた数))=2/3

となります。

相続放棄について

相続のご相談は西宮市のあさがお法律事務所

料金例