民事裁判の電話やWEB会議

民事裁判では電話会議というものがあります。

これは資料を先に出しておいて、電話で手続きするものです。

最近は一部の裁判所ではWEB会議というものも始まりました。

もちろん、裁判所からの指示で、出席が必要なこともあります。

しかし、特に遠距離の裁判などですと(最近はコロナなどの関係で、近距離でも)、裁判所に行くのが一回だけということもしばしばあります。

遠隔地であることを理由に、裁判をあきらめなくてよい、良い制度だと思います。

この制度からわかるのは、裁判というものは声が大きい方、心を込めた方、感情的な方が勝つ制度ではないということです。

裁判は、証拠と論理、理性的な書面で判断されます。

だからこそ、書面を出しておいて、電話やネットでの10分前後の事務連絡だけでも進めることができるのです。

阪神間の紛争なら、あさがお法律事務所