弁護士の仕事


何回か法律相談を行い、対応方法をお伝えした方が、その後に数年ぶりにお礼や報告に来ていただけることがあります。

大変うれしく思います。

正直に言いまして、数年前の対処ですと、相談内容など忘れていることもあり、過去の記録を探して記憶を喚起して対応することもあります。

このことで思うのは、私の対応や私の仕事自体は、短いときは1回30分程度、長いときでも1、2年前後で終わっても、相談者の方や依頼者の方は、その後その事後処理などに、相当時間や手間をかけられているということです。

私の対応がひと段落してから、何日もたってからご連絡があると、弁護士の仕事というのは、私の対応時間自体は短くても、その後にさまざまに長い期間、その人に影響する仕事ということを再確認できます。

私も、そろそろ弁護士になって、それなりの期間がたちます。

そのようなことは無いようにと考えておりますが、どこかに気のゆるみのようなものもあるかもしれません。

お礼に来ていただけたことで、うれしい気持ちと同時に、

「1時間の法律相談でも、その方はそれを前提に、何年間もの間、対応や行動を決められるかもしれない。」

と再認識し、丁寧な仕事をしなければならないと自戒しました。

あさがお法律事務所

法律相談のご予約ならば