2018年の反省1


今年も、もう年末ですね。

今年を振り返っての私の反省、「人の話を、もっと聞くようにしよう」。

事務所を開いたときは、私は相談者の方の話を、時間をかけてじっくり聞くタイプであったと思います。

しかし、経験を積むに従い、この点、変わってきました。

相談事由というものは、各相談者の方にとっては、めったにないことです。

が、弁護士は年間200~300件くらいは相談を受けます(他の方は知りませんが、わたしはそうです)。

それが何年か続き、相談経験が積み重なると、よくある相談というものがわかってきます。

そうすると、相手の話を最後まで聞かなくても、おおよそこういう話で、こういう解決が良いだろうと言うのが頭に浮かぶようになります。

以前も、書きましたが、私はせっかちなほうですので、解決までの目途が頭に浮かぶと早く伝えたくなります。

そして、話の途中でも解決方法をこちらから話すことが、この1,2年増えていたように思います。

しかし、こういう対応では、十分に依頼者の話を聞いていない分、判断ミスのリスクが出ます。

また、結論的にアドバイスが正しかったとしても、十分に話を聞いても貰えなかったという相談者の方の不満が残ります。

ひいては、相談者の方との信頼関係の確立も難しくなります。

多少焦って話をしても、じっくり話を聞いても、何時間も相談時間に差が出るわけではなく、せいぜい1時間前後のことです。

書面の作成や連絡対応などは、せっかちな性格のまま、早め早めで対応していくのでよいかと思いますが、今後は話を聞くときはじっくり対応することを心がけようと思います。

来年、いえ、今日から、相談を少しでもじっくり聞くように心がけようと思っております。

(なお、当事務所は電話での相談は受け付けておりません。

人の話を聞くとは言っても、電話で回答を求めて延々お話する方に、お付き合いすることはありませんので、その点はご了承ください)

あさがお法律事務所

電話で相談を受けない理由

個人のご相談なら

会社のご相談なら