2018年の反省2


あさがお法律事務所(兵庫県西宮市)の対応時間は、午前7時から21時までです。

土日も対応しております。

しかし、実際には一人で、すべての時間をカバーすることはできませんので、予約をいただいた日に対応する形で、法律相談の予約や裁判がない日には、お休みをいただいております。

電話は事務員による対応や夜間や祝日は転送電話で対応しております。

そういう形で事務所での私の出勤時間は調整しております。

この出勤時間ですが、開業3年目までは、必死にやろうと決めておりました。

どの業界でも「独立した初めは、寝る間も惜しんで仕事をした」と言う話をよく聞いておりましたし。

ですので、開業3年くらいは、平均1日13時間労働で、月に3日休みくらいで働いてしました。

過労死ラインをはるかに超える、我ながら驚きの月に350時間労働でした。

その後、3年過ぎて、次の3年間。

少しは事務所の収支も落ち着いてきたので、仕事時間を減らし、週の休みは1日+半日くらいとって、毎日の仕事時間も減らし、月に230時間くらいの労働時間でした。

そして、その後7年を過ぎたころ。

引越して自宅に業務スペースを作れるようになったので、月に190~200時間くらい事務所と在宅で仕事をするようになりました。

そのまま、現在に至ります。

在宅での業務時間を考えれば、若干の残業はありますが、普通のサラリーマンと比べるとそれほど変わらないのではないかと思います。

しかし、私は弁護士であり、同時に小さいながらも事務所の経営者です。

少ない人数でも事務員への責任もあれば、依頼者の方への責任もあります。

時間をかければ常によい仕事ができるわけではないですが、逆に時間をかけないと良い仕事ができないものもあります(2018年の反省1で述べた依頼者の話をじっくり聞くなど、まさしくそうですね)。

そう考えると、サラリーマンと同じというのも少ない気がします。

来年は、もう少し業務時間を増やして対応するように心がけようかと考えております。

あさがお法律事務所

事務所案内

弁護士 岡田晃朝(おかだ あきとも)の紹介