「弁護士なんか役に立たない」

「弁護士なんか役に立たない」とおっしゃる方がいます。

なかなか上手くいかないことへの苛立ちからの不満として、こういう文句が出るのは、理解できることもあります。

しかし、中には弁護士の業務をドラマなどから勘違いしておっしゃっている方も居られます。

日本は法治国家ですので、資料を専門家が見れば、法律的には勝ちか負けかはある程度目途が付きます。

テレビドラマのように、やり方によって、予測外の逆転など、まずはありません。

そのようなものが日常にあり、ほとんど同じ事案なのに、判決がコロコロ変わるならば、むしろ恐ろしくて、裁判など利用できないでしょう。

契約だって結んでも無駄ということになりかねません。

ですので、法律家が事案を見れば、ある程度の結論の予測は立ち(もちろん100%ではないですが)、時には「敗訴可能性」を告げるしかないこともあります。

そうすると、「敗訴の可能性」を告げられた人は「弁護士なんか役に立たない」と、不満を口にされます。

しかし、医師に置き換えてみてください。

症状を診断し、検査を繰り返し、手を尽くしたが末期がんと分かれば、そう告げるでしょうし、それで「医師が役に立たない」ことにはならないでしょう。

病気に憤りを感じても、医師は「正確な診断を専門家としてした」となるでしょう。

弁護士も同じです。

事情から専門的に勝訴が難しければ、それを正直に告げるのが仕事です。

そして、そこを正確に判断するのが弁護士の仕事であって、逆転裁判がころころ起こるなどと言うのは、裁判前の見通しがずさんであるとも言えるのです。

弁護士に相談に来られる方は、「何とか勝てる方法を」と期待してきます。

ですので、負ける可能性を告げられると、ご不満に思うことがあるのは理解できます。

しかし、それは専門家としての冷静な見通しを告げているのだとご理解いただければ幸いです。

西宮のあさがお法律事務所

弁護士の費用