よく言われること


「被害者って、損ですね」

裁判などで対応していると、そういわれることは多々あります。

そして、実際、そういうところはあるように思います。

訴訟で権利を請求しようにも、立証が難しかったり。

立証のための証拠を集めるのも自費でしなくてはなりません。

勝訴しても、結局、時間や労力、裁判所に払う費用以外の関連費用の負担を負う必要があり、

しかも、そうやって勝訴しても、相手の資力が無かったりということもあります。

だからと言って、訴訟しないと全く回収できない相手の場合は、どこかで思いきらざるを得ないこともあります。

弁護士としては、やはり被害を受けた人の全ての損害を回復してあげたいです。

しかし、現行法制度上、どうしても限界がある場合があり、そこは弁護士として誠実に説明せざるをえません。

そして、制約がある中であることをご理解いただいたうえで、少しでも依頼者の方の損害を回復できるように、全力で業務に取り組んでおります。

あさがお法律事務所

個人の方のご相談