法律相談と受任時までの検討


あさがお法律事務所は、法律相談から受任契約時まで、一定の検討期間を置くようにしています。

(依頼者の方が事前に十分に検討しており、特に望まれた場合は、その場での契約も可能ですが)

これは、法律相談の際には怒りなどもあったり、弁護士事務所の雰囲気もあって冷静な判断が出来ずに契約するということになっては、不適切であるとの考えからです。

金額的に高額でもありますし。

このことは、過去に何度かブログでも記載させていただきました。

さらに、法律相談から委任契約まで、相談に来られた人への連絡は控えるようにしています。

最近、法律相談に来た人の中で、「前、相談に行った事務所から、何度も電話が入った」という方が居ました。

その行為自体は、必ずしも悪い面ばかりではありません。

相談時には伝えきれなかった注意事項を伝える必要があったり、近況を確認したほうが、依頼になった際の対策を立てやすい場合もあるからです。

しかし、弁護士から、たびたび連絡があることは、依頼者にとってプレッシャーになることもあります。

また、一度、自宅でゆっくり冷静に契約するかどうか考えてほしいという当事務所のスタンスとも矛盾します。

そのため、当事務所は、どうしても伝え忘れた重要な事情がある場合にしか、相談に来られた人に、契約前に、こちらから電話することはありません。

それをよいと思われるか、悪いと思われるかは、相談者の方次第ですが、その理由は上記のようなもので、決して私どもとしては、相談者の方を放置しているわけではありませんので、その点はご理解ください。

こちらから連絡を控えるというだけで、一度相談に来ていただいた方につきましては、もし、契約にあたって、聞いておきたいことがあるというのでしたら、いつでもご連絡いただいて構いません。

あさがお法律事務所