弁護士の言動


弁護士は紛争に介入する仕事ですので、ちょっとした一言が紛争を拡大させたり、大きな事件に発展させたりすることもあります。

そういう状況に介入する以上は、言動には特に慎重であるべきと考えております。

正直に言うと、やはり一生懸命依頼者のために相手と話していると、強く相手に言ってしまいそうになることもあります。

しかし、それでトラブルを拡大させることは、私の仕事ではありません。

感情的な言い合いを、冷静に解決することが仕事です。

そして、正しいことをきっちりと主張すれば、成果が出る仕事です。

それが弁護士という仕事のいいところかと思っております。

あさがお法律事務所