弁護士の選び方


a0003_001887

時折、当事務所にセカンドオピニオンを聞きに来られる方がいます。

で、いろいろな相談を受けます。

その相談に対する回答で、結構な割合、「推測にはなりますが、おそらく今、依頼している先生は、こういう意向でしょう」というような回答になることがあります。

「今依頼している弁護士がどういう考えで動いているのかわからない」と不安を感じて、それを聞きに来られる方は結構多いです。

そこで、私は依頼者の方に推測を説明した後に

「それ、今、依頼されている先生に聞けば、すぐ教えてくれることだと思いますよ。」

と伝えます。

これに対して、

「今の先生には、恐ろしくて、そんな質問できません・・・」

と答えられる相談者の方は、それなりにいます。

弁護士を選ぶ基準はいろいろとあるでしょうが、一つ、疑問を聞きやすい弁護士、話しやすい弁護士を選んだほうが良いと思います。

そうでないと、不信感や不安感が生じることもありますし、私どもの事務所にセカンドオピニオンに来る方のように、余計な費用や手間が掛かることもありますから。

実際、資格を持った弁護士が、さまざまな事情を考慮して対応しているわけですから、セカンドオピニオンに来られても、前の弁護士の対応がおかしいということは滅多にありません。

たいてい説明不足で、相談者の方は、不安に感じていることがほとんどです。

弁護士を選ぶ一つの基準として、あなたから見て、話しやすい弁護士を選ぶことは一つの基準になると思います。

あさがお法律事務所