専門家として


a0960_006788

弁護士としての専門知識を期待して質問されるのですから、「無理なことは無理」と毅然と断言するのが、仕事だと思っておりました。

先日までは・・・。

先日、ある専門家の人と話している時に、いかにも職人肌の人に、不愛想に「これは無理」ってはっきり言われました。

そのとき、

「いや、無理でも、もう少し言い方を・・・」

と思いました。

それで、「よく考えれば、私も同じような言い方をしていないか」と、自身を顧みることができました。

しかし、同時に、専門職として回答するのに、誤解を招くような、無駄に期待させるような回答は混乱を招きますし、トラブルを拡大させることもあります。

そう考えると、明確に「無理なことは無理」と、回答してあげることが、その場はともかく長い目では、その人のためになるのではないかと思うところもあります。

結局、どちらがよいとなかなか言えるものではないですが、少なくとも、相談に来ていただいて、嫌な思いで返ってもらうことはできるだけ避けれるように、対処したいと考えております。

あさがお法律事務所