家族に秘密、内緒での破産

a0001_013728

家族に内緒で破産したいという方が、しばしばおられます。

同居の両親に知られたくない、夫や妻に知られたくないなど、事情によってそういう希望を口にされる方がいます。

同居の家族に秘密で破産できるのか。

弁護士としては、破産のようなセンシティブな情報の取り扱いには注意を払います。

殊更に家族に知らせたりはしません(家族からお金を借りている場合は除く)。

理由のない第三者からの問い合わせには答えないです。

連絡方法も、ご本人の希望する方法に従った対応を心がけます。

ですので、家族に知られずに解決したことは、あります。

しかし、家族に知られない破産を約束できるのかといわれれば、約束はできません。

家族からお金を借りている場合は連絡が必要ですし、家族に連帯保証人になってもらっている場合は連絡がありますので発覚します。

債権者が訴える可能性もあれば、破産のための資料の収集に同居の家族の協力がどうしても必要なものもあります。

管財費用を身内から借りざるを得ない場合もあります。

管財人などが自宅を確認したいという可能性もないとは言えません。

また、実際に生活再建のためには家族の協力が不可欠ということも多いです。

そういうわけで、家族に秘密内緒での破産については、試みてみることは可能ですが、結果として常に可能であるとは言えません。

ただ、弁護士としては、破産をはじめ任意整理などのセンシティブな情報は、慎重に秘密になるように取り扱いますし、弁護士からわざわざ家族に知れるような情報の取り扱いはしない(家族が債権者の時は除く)というにとどまります。

そして、結果的に家族に秘密で破産できることもあるというにとどまります。

あさがお法律事務所

破産申立の相談