遺産分割で、まずすること

a0790_000829

遺産分割で親族間で、まず何をすればよいか。

まず、最初にすべきは、遺言の捜索です。

遺言があれば、たいていは遺産目録もついているので(ついてない場合や不備の場合もあります)、その後の調査が楽になります。

また、遺言がないままに話し合っても、遺言の記載によっては無駄に終わることもありますので、先に遺言を探すべきです。

次に相続人の確定です。

相続を話し合うにしても、誰が話し合いの相手かを明確にしなければなりません。

亡くなった人の出生から死亡までの戸籍を取得し、相続人を明確にしましょう。

なお、戸籍は相続人であれば、取得できます。

これを明確にしないままに話し合いを始めると、全く予想外の相続人(腹違いの兄弟がいたなど)ということも稀にあります。

また、遺産分割には関係ない親族が口をはさんで、余計に混乱する、これもしばしばあります。

さらに、遺産の確定です。

とりあえず、亡くなった時点での遺産を確定させます。

不動産は名寄帳で調べて登記簿を取得し(場所がわかっているなら登記簿だけでよいでしょう)、銀行には死亡時の残高証明か取引履歴を出してもらい、死亡時の額を確定させます。

保険会社や証券会社などにも連絡を入れて、積み立て状況を確認します。

すべて、ご本人がご存命の間は、開示してもらえませんが、ご本人が亡くなっており自分が相続人であることを証明すれば、単独でも開示してもらえます(ごく一部ですが、相続人全員揃わないと対応しない金融機関がある場合もあります)。

預貯金の使い込みや寄与分、特別受益や生前贈与などの問題はいったんおいて置き、まずは死亡時の財産確定に力を注ぎます。

その後、預貯金の使い込み、寄与分、特別受益、相続排除や遺留分、認知の問題、不動産の評価方法の決定などのイレギュラーな問題点を検討していくことになります。

この流れのどこかで、詰まれば、そこで弁護士を依頼する方が良いでしょう。

つい押してしまった押印とか、署名などにより、取り返しがつかなくなったということは、相続の争いでは結構あります。

また、放置して長期間たって、立証が困難になり不利になるということも、あります。

遺産分割で、行き詰ったときは、依頼をするかは後日に検討するとしても、まずは早めに相談に行かれるのが良いでしょう。

遺言、相続の対応弁護士事務所