プレッシャー

a1530_000159

私どもの仕事は、様々な重大な局面に立ち会い、協力して紛争を解決していくことです。

このため、日々の仕事は、精神的に相当にプレッシャ―を感じます。

私は、生涯なれることはないだろうと思います。

人や会社によって、立場も状況も違います。

性格も相手も違います。

そのような中で、ご本人の話をよく聞いて、ご本人の立場を想像すると、その人なりの苦痛が見えてきます。

職業的なものというよりも私の個人の性格として、その気持ちは無視できないですし、慣れることはないと思います。

もっとも、その人の気持ちを十分に汲み上げて、ともに悩んだ後に、冷静な視点で状況を見ることも、私たちの仕事では必要であるとは思っております。

依頼者と共に悩みながら、これからも仕事に取り組んでいこうともいます。

あさがお法律事務所

弁護士紹介