正しい回答を


a0960_006977

弁護士としては適切正しい回答を相談者の方に告げるのが責務です。

専門家として正確な見通しを告げるのが当然です。

耳触りのよい回答を聞きたがる人もいますが、あくまで専門家として専門的に状況を判断して回答するのが仕事ですから、耳触りのいい回答だけをすることはありません。

むしろ、耳触りの言い回答で、相談者の方をミスリードすることとこそ、一番恐れるものです。

弁護士としても、相談者が喜びそうな勝ち目を散々述べることで、依頼になれば、少なくとも着手金はもらえますし、金銭的にはもうかります。

しかし、それはまっとうな弁護士がする仕事ではありません。

たとえ、金銭的なメリットが無くなるとしても、依頼しても無駄な時は無駄であることを明確に伝えて、適切な判断を説明することが弁護士の職務です。

私どもも、出来る限りは依頼者が有利になるように全力はつくしますし、少しでも有利な面があればできる限りの検討はしますが、対応が困難な時や不利な場面では、それを誠実に伝えることが正しい弁護士の姿勢と考えております。

あさがお法律事務所