経営者の方とのお話


a0002_012029

顧問先なども増えてきて、会社の経営者からの相談や依頼が増えてきています。

直接の顧問先などでなくても、その紹介などでも、いろんな会社の方の相談を受けます。

その中で、いろんな経営者の方とお話しする機会があります。

基本は法律相談や経営に関する相談ですが、お付き合いさせていただく中で、ごく普通に会社の経営思想の話が聞けたりします。

このような雑談の中で、いろんな方の話を聞くのは、法律という面を離れて大変勉強になります。

また、楽しくもあります。

そうやっていろんな経営者の方の話を聞いているうえで気付いたことがあります。

それは、意外に、その経営者・会社それぞれで、経営方針や経営思想は、ばらばらであることです。

人によっては、全く逆の考え方や逆のやり方をとっていながら(例えばどんどん人を入れて行くべきという人もいれば、入社する人は厳選するべきという人もいます)、それぞれ成功しているということも多いです。

結局、これは、その会社が置かれている状況、業界の性質、商品の性状、経営者や社員の性格などを前提に、もっとも適切な対応ができる方向で検討されているので、経営がうまくいっているのであろうと思います。

それぞれの会社が置かれる状況、業界の性質、商品の性状、経営者や社員の性格はバラバラですので、場合によっては真逆の経営手法が最善になることもあるのでしょう。

どのような仕事も、表面的に過去の例や他の人の言動をまねるのでなく、その状況に応じて、適切かつ最善な方法を自らの頭で考えて進めていかなければならないということかと思います。

私どもも対応する会社に応じて、最善の手を考えていくように心がけております。

あさがお法律事務所