リフォーム紛争


マンション傾斜の問題が、最近、ニュースで取り上げられています。

そこまででなくても、効率優先で工事されたり、その場限りの営業行為などで、トラブルになった相談者の方が来ることは、しばしばあります。

不動産のトラブルで対応が難しい事案の一つとして、リフォームがあります。

新築や不動産の購入となれば、大きなお金が動きますので訴訟は相当であることが多いです。

が、リフォームの場合、50-100万弱くらいのトラブルが多くあります(個人の方のトラブルもあれば、元請下請間のトラブルもある)。

この金額、泣き寝入りする、見過ごすにはあまりにも高額です。

しかし弁護士を雇って、1年半かけて争うとなると、少し金額が少額ではあります。また入れ替わりが激しい業界で、1年半あると支払う側の会社が倒産したりすることもあります。

当事務所の近隣、尼崎や西宮や芦屋は昔からの住宅地ですし、西宮は現在も人口が増加している都市ですので、あさがお法律事務所に、そういうリフォームの相談は結構多いです。

上記のように、なかなか裁判は難しいこともありますが、少しでも良い解決を図るために、良い相談アドバイスができるように、建築関係の本を買いました。

CA3A1195

CA3A1195

この1,2週は忙しいので無理ですが、年内には、一通り読んで、知識を広げたいと思っています。

新たに対応分野を増やしていきたいと考えております。

あさがお法律事務所

個人の法律相談

会社の法律相談