月別アーカイブ: 2020年6月

証拠がないと・・・。

おっしゃっていることが正当でも、証拠がないと何もできないことがあります。

裁判は無理でも何かしてくださいとおっしゃる方もいますが、証拠がないと弁護士としても、動けません。

もちろん、完全に証拠が揃うことは滅多にありませんが、それでも、おおよそ、そうであろうという目途がなければ、何もできないことはあります。

おっしゃっていることが正当なのに、証拠がないのは弁護士としても、相当に悔しい思いはします。

ただ、そこで訴訟しても結局は敗訴することになり、それは、さらに悔しい思いを増長させる上に、費用も手間もかかります。

証拠が全くないような場合には訴訟をすることで、不当訴訟などとして逆に訴えられることすらあります。

証拠については、ご相談にいただければ、こちらでも検討し出来る限りの調査、あるいは調査方法のご連絡は致します。

それでも、どうしてもあきらめざるを得ない場合もあることはご理解ください。

あさがお法律事務所

よくある質問

弁護士とアルバイト経験

私は、脱サラで弁護士になりましたが、若いころにいろいろな経験をしました。

大学の在学中から、自活してましたので、アルバイトをしながら、大学を卒業しました。

転職経験もあり、脱サラで法科大学院に行ったので、その分いろいろな経験ができました。

先日も不動産のトラブルがあったのですが、私は若いころ、家屋調査の補助員のアルバイトをしていたこともありまして、ある程度の図面あらば自分でもひけます(建築確認用のような正確なやつは無理です)。

また、公的機関の工事に伴う不動産事故の対処も、何回か横で見てたことがあります。

当時は法律家としての知識はなかったですが、まさしく「門前の小僧、習わぬお経を読む」でして、何となく紛争が生じそうな状況とか見るべきポイントがわかるようになります。

他にも飲食店や新聞配達、本屋や雑誌社、クレジットカード会社、クレームセンター、ネット関係のベンチャーなど、いろんなところで働きました。

いろんな業界で仕事をさせていただきましたが、やはり業界なりのルールや対応、問題があり、今となっては勉強になっていたと思います。

クレームセンターでの対応など、今まさしく、交渉で役立っていますし。

当時は人生の回り道していたとしか思っていませんでしたが、今となってはいい経験です。

あと、仕事自体とは違いますが、いろんなところに友人が出来たのもよかったです。

弁護士紹介