月別アーカイブ: 2020年5月

相談者の方の

相談者の方から、感謝してもらえるような仕事をしたいと考えております。

ただし、必ずしも、相談直後に感謝してもらえるかどうかは基準ではありません。
(それがベストではありますが)

様々な人生を送る中、落ち着いて振り返ったときに、「あの時のアドバイスは、役に立った」と思ってもらえるような相談対応を心掛けております。

当然ではありますが、弁護士事務所に相談に来られている時点で、相談者の方のおおよその第一希望はわかります。

そして、私どもにとっては、相談者はお客様ですから、その希望に沿った対応が第一であると考えてはいます。

しかし、同時に私どもにとっては、お客様は、私の専門的な知識を期待して来られている相談者でもあります。

相談者の方を、お客様としてみた場合、第一希望のこの方向で進めたいのは理解できるが、専門家としてみた場合、これはどうも不利であるということもあります。

そのような場合、その方にとって可能な選択肢と有利不利をできる限り示して、最善のアドバイスをするように心がけてります。

「どうしても裁判したい」

強くおっしゃっている方に、

「証拠と状況が不利だから、もう少し検討しましょう」

と言うのは心苦しくもあります。

しかし、相談者の方の希望を第一に考えながらも、不利な面は不利な面で、正しく伝えることが依頼者のためになると信じております。

朝顔法律事務所

近畿一円の相談に対応しております(近畿外の地域は出張費がかかることがあります)。