月別アーカイブ: 2019年1月

よく言われること

「被害者って、損ですね」

裁判などで対応していると、そういわれることは多々あります。

そして、実際、そういうところはあるように思います。

訴訟で権利を請求しようにも、立証が難しかったり。

立証のための証拠を集めるのも自費でしなくてはなりません。

勝訴しても、結局、時間や労力、裁判所に払う費用以外の関連費用の負担を負う必要があり、

しかも、そうやって勝訴しても、相手の資力が無かったりということもあります。

だからと言って、訴訟しないと全く回収できない相手の場合は、どこかで思いきらざるを得ないこともあります。

弁護士としては、やはり被害を受けた人の全ての損害を回復してあげたいです。

しかし、現行法制度上、どうしても限界がある場合があり、そこは弁護士として誠実に説明せざるをえません。

そして、制約がある中であることをご理解いただいたうえで、少しでも依頼者の方の損害を回復できるように、全力で業務に取り組んでおります。

あさがお法律事務所

個人の方のご相談

思いやりをもって

弁護士は論理的に説明したり、相談を整理したりする仕事です。

ですので、依頼者の方への対応方法なども、論理的に説明しようとしてしまいがちです(少なくとも私はそういうところがあります)。

しかし、弁護士として数年間事務所をやってきて、開所当初から今まで引き続いて思うのは、依頼者の方に満足いただくには、なかなか論理や理屈ではない、思いやりとか誠意による部分って大きいと言うことです。

同じサービス、同じ対応でも誠意があるかどうかってやはりわかりますよね。

私自身、例えば飲食店に行って、同じ挨拶をされても、やはり誠意や思いやりのある方はわかりますし、マニュアル通りの対応の方もわかりますからね。

マニュアル通りの対応が期待される店もあるでしょうから、マニュアル通りだから悪いというわけではありません。

店員の気分で対応変えられるよりは、マニュアル通りの方が良いこともあります。

しかし、弁護士と言うのは、各仕事が、依頼者のためのオーダーメイドでされます。

そうである以上、依頼者に合わせた対応が、常に期待される仕事です。

そして、依頼者に合わせた対応と言うのは、私の考えでは、事件処理を依頼者ごとに適切な形で変えていくのはもちろんのこと、その依頼者ごとに思いやりと依頼者の立場を考えての対応が必要と言うことではないかと思っております。

今年も、論理をもって裁判所や相手には対応しつつ、依頼者には思いやりと誠意を持った対応というものを第一に対応していこうと思います。

あさがお法律事務所

ご予約なら