月別アーカイブ: 2018年7月

専門家ですので・・・。

弁護士に相談に来られる方は、現状を何とかしてほしいという思いを持っておられます。

そのことは弁護士としても十分理解して検討します。

しかし、専門職として専門的視点から回答するので、「専門的に見ればどうしようもない」、「不利な状況であるとの回答しかできない」、そういうこともあります。

そして、なかなか、これをご理解いただけない方もいます。

冷静に検討してみてください。

日本は法治国家です。

法治国家である以上は、少なくともほとんどの事案は、法律と判例で、法律の専門家が見れば「こうなる」という決まった筋道、結論があります。

ドラマでは面白い逆転勝訴のストーリーはあります。

が、現実に弁護士のさじ加減で「有罪が無罪」、「敗訴が勝訴」に変わるようでは、もはや、まともな法治国家・司法国家ではありません。

弁護士で判断が分かれる時がないとは言いませんが、そのようなものは全体の1割程度ですし、そういう時は弁護士も「微妙ではありますが」と前置きをします。

(弁護士を雇うのは、むしろ「間違いのない処理、法律通りに適切な処理をしてもらうため」と考える方が良いかと思います。)

そして、私どもは専門家ですので、結論が相談者の期待しない内容とわかっていても、それをお伝えするしかありません。

「不利ならば不利」、「依頼者にメリットがなければない」、「無理なことは無理」そのことをお伝えするのが仕事です。

相談者の方の中には、そのことを正直に誠実にご説明すると「回答がおかしい」「それでも何とか対処方法を伝えろ」とお怒りになられる方もおられます。

中にはネット上に記載された100件に1件もないようなレアケースの判例や極めて少数説の学説をもってきて、「これで何とかしてください」と言われることもあります。

しかし、そのようなことはできません。

医師が末期癌の患者に余命を回答したり(1%の可能性で治るかもしれませんが)、税理士が多額でも払うべき税は支払うよう(たとえ脱税できても、それを指南するのはまともな税理士ではありません)回答するのと同じです。

それが法律の専門家としての見通しであれば、依頼者が望まなくてもそれを回答します。

「無理なものは無理」「メリットがないことはメリットが無い」と正直にお伝えするほうが、専門家として誠実と私は考えております。

(末期癌なのに「キノコで癌が治ります」と説明する医師の方が問題と考えております)

その点はご理解いただきたいと思っております。

(正直、「私どもも相談者のために」と考えて回答してますので、間違いのない回答をしたのに「わかってない!」と逆切れされると結構、へこみます。)

あさがお法律事務所

気を使ったつもりが使わせて・・・

今週は出張が続いておりました。

私としては出張中は、連絡がつきにくくなることや法律相談を受けれないことをお伝えし、そして、そのことを、お詫びするためにツイッターなどに、その旨を記載しておりました。

しかし、何名かの方からから、「出張中に申し訳ないですが・・・」と気を使っていただきながらのご連絡をいただきました。

私としましては、出張でご迷惑をおかけすることをお詫びするつもりで、出張のことを記載したのですが、かえって周囲の方に気を使わせてしまったようです。

職業柄か、いろいろな面で依頼者様から気を使っていただけることが多くあります。

それでも、ついそのことを忘れて、普段通りの言動をとってしまうこともあります。

今回のことで、「普段から気を使わせがちな職業であることを、よく考えながら、言動をとらなければいけないな」と反省しました。

あさがお法律事務所