カテゴリー別アーカイブ: あさがお法律事務所(西宮)の特徴

あさがお法律事務所(西宮)の特徴

人それぞれ

a0002_001035

私の髪は太いストレートです。

で、わざわざお金をかけて美容院で、パーマを当てたりします。

妻の髪は、ウェーブがかかってます。

ですので、わざわざお金をかけて、ストレートにしておりました。

美容師の方に、

「わざわざ、お金と手間をかけて髪の毛に癖をつける人もいれば、取る人もいる。

人により好みは様々ですね。」

と雑談しました。

こういうことは、法律相談でも時折あります。

私どもが見て・・・の方がよいのではと思う場合、そのアドバイスはします。

が、依頼者の方は依頼者の方で、独自に自分のお考えがあることも多いです。

弁護士として、仕事を任されていると、「一般的にこれがよいだろう」と考えて判断をしてしまいがちです。

しかし、あくまで代理人として、依頼者の方が何を一番に置いているか、良くお話を聞いて行動しなけえればならないと日々自戒しております。

そして、対立相手と依頼者のお互いの意向をよくよく聞けば、和解や調停合意で解決することもしばしばあります。

あさがお法律事務所

商売っ気?

_MG_80124

「先生って商売っ気ないんですね」といわれることがあります。

いいえ。ありますよ(笑)

ただ、その場限りのお金儲けはしたいと思っていません。

皆から信用や信頼をいただいて、それに応じた仕事し、将来にわたって喜んでもらえる仕事がしたいと思っています。

ですので、一時的なお金儲けをしたいという思いはないですが、あさがお法律事務所は、長く将来にわたって、皆さんに信頼していただける事務所でありたいと思っています。

将来にわたって皆様の期待に応え、依頼をいただいて報酬をいただきたいという意味で商売っ気はあります。

結局、そうやって、長く信用される事務所でいるためには、事案に応じた適切な費用を設定し、それを受け取って仕事を進めることの積み重ねが必要だと思っております。

あさがお法律事務所

弁護士費用の自由化と報酬

a0002_012127

弁護士報酬は自由化されています。

このため事務所に応じて、高額の報酬の事務所も安い報酬の事務所もあります。

その中で、依頼者は事務所を自由に選ぶことが可能です。

しかし、ここで注意すべきは、報酬が自由化され、自由競争がされることと、相手の無知につけ込んで高額の契約を結ばせてもよいこととは別であるということです。

弁護士業界に限らず、ほとんどの業界では、報酬や費用は自由です。

消費者が自由意思で、合意し契約を結びます。

しかし、「相場が不明瞭なものについて、消費者を丸め込んで契約させることは自由契約だから許される」というものではありません。

実際に、一部の業界での金銭トラブルなどが消費者センターなどを通じて、新聞を騒がせることがあります。

弁護士業界でも、「自由報酬になったから、いくらで契約しても、依頼者の自由意思だからよい」というわけでないことは、同じです。

一般に相場のわかりにくい業界であるからこそ、そこは注意して相場を伝えて、十分、理解いただいてから契約してもらう必要があるでしょう。

当事務所では、各相場を理解していただくために、弁護士報酬の相場についての日弁連の資料と中小企業の報酬相場についての資料を置いております。

これらは、インターネット上でも、日弁連のサイト(クリックで飛びます)で、閲覧ができます。

あと、かつての旧弁護士会報酬基準(クリックで飛びます)も、拘束力はないものの相場の参考にはできるでしょう。

ただ、少し、両方極端な気はします。

日弁連報酬基準は高い気がしますし、弁護士報酬アンケートは低い気がします。

なお、私どもの事務所では、必ず見積もりを、契約前にお伝えします。

事案に応じて、その難易や危険度に応じて、当事務所でも相場より安くなることも高くなることもあります。

しかし、十分に相場や他の事務所での費用を理解していただき、そのうえで契約を結んでいただくことが大切だと思っております。

あさがお法律事務所では、相談者、依頼者の方の無知につけ込むようなことは厳に控えております。

あさがお法律事務所

あさがお法律事務所の料金表

定期的な報告

a0001_012121

弁護士は依頼者の権利を依頼者に代わって行使する仕事である以上、依頼者の方への定期的な報告は当然と思っております。

正直に言いますと、過去には報告が少し空いたことがありました。

それで、依頼者の方にご指摘されて、なんとか迷惑をおかけしないようにと自分なりに考えました。

弁護士という仕事は、各自独立して仕事をするので、自分の業務は間違いの無いように、自分自身で監督する必要があります。

その中で、私は過去に一度報告を忘れたことのある反省から、今は

①資料をカバンから出してロッカーに入れるとき

②相手から届いた資料をロッカーに入れるとき

に、かならず依頼者に報告すると自分の中でルールづけています。

自分の業務の中で報告するタイミングを、癖づけて、「鞄や郵便受けから資料を出す=依頼者に報告する」という形にしております。

自営業の場合、自分なりに依頼者の方に迷惑をかけないためのルールを細かく決めておくことが、良い仕事のコツかと思っております。

あさがお法律事務所

依頼者の方のおかげで

CA3A1174

CA3A1174

あさがお法律事務所は、おかげさまで安定して運営できております。

決して、大儲けするような仕事はないですが、堅実に運営できていると思います。

その理由は、安易にトラブルメーカーやクレーマーに加担することなく、誠実で正直な相談者の方に対応してきたからであると考えております。

誠実で正直な人たちが、依頼に来てくれることは、あさがお法律事務所にとって、お金の問題ではない、大きなメリットがあります。

誠実で正直な人は、良い依頼を依頼していただけ、結局は相当な結論を導く弁護士としての活動がしやすいです。

また、そういう人は、良い依頼者を紹介してくれることも多く、また良い依頼者に来ていただけることにつながります。

結局、今も事務所を安定して運営できるのは、現在はもちろん過去からの様々な相談者の方や依頼者の皆様のおかげさまであると感謝しております

あさがお法律事務所

裁判依頼だけではありません

a0001_011488

弁護士が裁判以外でも対応できることは、いろいろあります。

会社関係ならば、会社の合併や分割、事業譲渡なども対応しております。

私どものように中小企業が中心の弁護士事務所ですと、新聞に載るような大規模の合併依頼などがあるわけではないですが、

相続前に子らに会社を継がせるために会社を分割したり、倒産しそうな会社の救済のために合併したりということは、時折あります。

また契約書の作成や新規事業の法的側面の検討などを行うこともあります。

交渉などを代行することもありますが、企業間の交渉は、怨恨の情が比較的少なく、金銭的にまとめることができる場合も多いです(全てではないですが)。

個人の依頼者の方についての裁判外での対応といえば、多いのはまず、任意整理があげられます。

借金を交渉で分割、リスケさせて、弁済可能なように調整します。

他にも貸している側でのお金の請求や相続、交通事故においての交渉というものも、裁判外でしばしば対応することがあります。

ただ、個人の場合は、理屈ではなく心情的に話ができないという人もおり、ある程度の確率では裁判になることをご了承いただいての対応になることが多いです。

弁護士は、裁判以外の対応もありますので、まずはご相談に来られてください。

もちろん、相談だけで解決する方もたくさんおられます。

あさがお法律事務所

依頼者の意向に従って

a0001_012324

裁判は、和解で終わることも多いです。

それを和解合意を目指して、裁判所で交渉を進めることもあります。

そのような中で、弁護士は依頼者と共に検討しながら、交渉に臨みます。

法的な見通しや不利な部分を見据えて、依頼者の方に控えるべきところや譲歩すべきでないところをアドバイスします。

そのうえで、依頼者の方に検討してもらい、和解に応じることが出来る一定の範囲と交渉の方向性などを決めて、裁判所に臨みます。

しかし、実際には交渉が始まると、実際には予定していた方向と異なる方向に話が進んだり、わずかな金額の誤差で合意できなかったりします。

その場合、たとえわずかの差でも、依頼者に無断で合意することはありませんし、わずかな金額でも何度でも裁判所に通います。

それが数千円でも、依頼者と協議して決めたラインに届かなければ、何度でも裁判所に通い協議します。

依頼者との合意の範囲で動くことは、弁護士として、最低限の、当然のことだと思っております。

あさがお法律事務所

アドバイスと断言

a0002_006942

100パーセント勝てるとか、負けるといえる裁判はありません。

もちろん、事案的に相当に勝てそうとか負けそうということはありますが、予測外の事態が生じることもあります。

また、一方の言い分と証拠を見ているだけですので、相手の言い分や証拠によっては、それが覆ることもあります。

さらに、事案によっては微妙な判断で、裁判官によって見解が分かれることもあります。

それこそ、昨日まで当たり前であった判例が、明日、覆るかもしれません。

ですので、私は法律相談で、断言はしません。

過去の事例をお伝えしたり、できる限りのアドバイスはしますが、あくまで可能性にとどまることになります。

ありうる状況の中で、少しでも可能性が高いものを選択しアドバイスしていくことになります。

「絶対大丈夫です」とか「間違いない」と、断言しないことに不安を覚えられる相談者の方もおられますし、その心情は理解できます。

しかし、より慎重な対処を普段から心がけていると、お考えいただけると幸いです。

あさがお法律事務所

個人の相談

会社の相談

弁護士の仕事

a0960_006977

正当な権利を主張すること と 相手の人格否定をすることは違います。

前者は弁護士の仕事ですが、後者については止めることが弁護士の仕事です。

粘り強く交渉すること と しつこく屁理屈をいうことは違います。

前者は弁護士の仕事ですが、後者は違います。

裁判所に事実を適示し主張をすること と 相手をやりこめることは違います。

前者は弁護士の仕事ですが、後者は無駄にトラブルを拡大させる意味のない行動です。

専門家でない人が、外から見ると混乱しやすいですが、それぞれ両者は大きく異なるものです。

私は弁護士としての正しい仕事を心がけるようにしております。

あさがお法律事務所

顧問契約等の概要

a0001_011848

おかげさまで顧問契約はそれなりに頂いております。

顧問先は中小企業ですので、数人から500人くらいまでの従業員の会社が多いです。

ほぼ個人の才覚でされている個人事業の方もいます。

この顧問になる会社ですが、各会社が当事務所と契約していただいた経緯は、主に3つあります。

①裁判などの依頼後の契約

まずは個別の事件で、裁判をして、当事務所の業務を知ってもらっての契約という形です。

②紹介者がいての契約

次に他の顧問先や依頼者の方からの紹介などによる紹介での当事務所との契約です。

③ホームページを見ての契約

最後にホームページを見たり、事務所看板を見て、当事務所を知っていただいてお話をしたうえでの契約です。

数は、ほぼ3つとも同じくらいの割合があります。

顧問料は9779円。現在の顧問先会社は35-40社の間です。

顧問契約をご希望の方は、まずはご連絡ください。

あさがお法律事務所の企業対応