カテゴリー別アーカイブ: 弁護士が考えること

代表弁護士が日常考えること、ふと思ったことを記載しております。

悪人が更生して社会で成功する記事について

「若いころに悪人だった人が、更生して社会に貢献して、真面目にやっている」記事を批判する人がいます。

そういう人が言うのは、「普段からまじめにやり続けている人間を評価せずに、悪いことしてから普通に戻ったからと言ってほめるべきでない」というような理屈です。

感情としてはわかります。

ある程度人生経験があれば、悪い人に迷惑をかけられた経験、あるいはそういう状況を見た経験も多少はあるでしょうし、そういう人が、真面目にやってきた人以上にスポットライトが当たるのに不快感を持つのでしょう。

気持ちとしてはわかるのですが、ここは、そういう記事を読むときは、もっと社会全体の大きな視点でものを見たほうが良いように、私は思います。

「悪い人が更生して社会に戻って普通に生活する」

こういう記事は、私たち一般市民の社会あり方の成功例でもあるのです。

犯罪を犯せば、刑罰を受けますが、これはその人を更生させ、その後の適切な人物として社会に戻すために定められている一面があります。

しかし、適正な刑と教育で、ある人物が真に更生する意思をもっても、それだけでは当然に更生できません。

その人物は社会に戻ってからは、社会との関係で生きているわけですから、社会がその人の更生を信じて、そして更生の後押ししなければ、その人物が社会で真に立ち直ることはあり得ません。

つまり、ある犯罪を犯した人が、その後に更生して立ち直れるのは、今の社会がそういう犯罪者を更生させるだけの力、そして受け入れるだけの力を持っていることを示すものでもあるのです。

それは、結局は、社会で、まじめにやっている一人一人の成果でもあるのです。

だから、悪い人が更生をして成功できるのは、結局は一人一人の真面目な社会人の手柄でもあると私は思います。

そういう視点から見れば、「若いころに悪人だった人が、更生して社会に貢献して、立派な人物になっている」記事も、そう悪いものでもないと思います。

あさがお法律事務所

よく言われること

「被害者って、損ですね」

裁判などで対応していると、そういわれることは多々あります。

そして、実際、そういうところはあるように思います。

訴訟で権利を請求しようにも、立証が難しかったり。

立証のための証拠を集めるのも自費でしなくてはなりません。

勝訴しても、結局、時間や労力、裁判所に払う費用以外の関連費用の負担を負う必要があり、

しかも、そうやって勝訴しても、相手の資力が無かったりということもあります。

だからと言って、訴訟しないと全く回収できない相手の場合は、どこかで思いきらざるを得ないこともあります。

弁護士としては、やはり被害を受けた人の全ての損害を回復してあげたいです。

しかし、現行法制度上、どうしても限界がある場合があり、そこは弁護士として誠実に説明せざるをえません。

そして、制約がある中であることをご理解いただいたうえで、少しでも依頼者の方の損害を回復できるように、全力で業務に取り組んでおります。

あさがお法律事務所

個人の方のご相談

思いやりをもって

弁護士は論理的に説明したり、相談を整理したりする仕事です。

ですので、依頼者の方への対応方法なども、論理的に説明しようとしてしまいがちです(少なくとも私はそういうところがあります)。

しかし、弁護士として数年間事務所をやってきて、開所当初から今まで引き続いて思うのは、依頼者の方に満足いただくには、なかなか論理や理屈ではない、思いやりとか誠意による部分って大きいと言うことです。

同じサービス、同じ対応でも誠意があるかどうかってやはりわかりますよね。

私自身、例えば飲食店に行って、同じ挨拶をされても、やはり誠意や思いやりのある方はわかりますし、マニュアル通りの対応の方もわかりますからね。

マニュアル通りの対応が期待される店もあるでしょうから、マニュアル通りだから悪いというわけではありません。

店員の気分で対応変えられるよりは、マニュアル通りの方が良いこともあります。

しかし、弁護士と言うのは、各仕事が、依頼者のためのオーダーメイドでされます。

そうである以上、依頼者に合わせた対応が、常に期待される仕事です。

そして、依頼者に合わせた対応と言うのは、私の考えでは、事件処理を依頼者ごとに適切な形で変えていくのはもちろんのこと、その依頼者ごとに思いやりと依頼者の立場を考えての対応が必要と言うことではないかと思っております。

今年も、論理をもって裁判所や相手には対応しつつ、依頼者には思いやりと誠意を持った対応というものを第一に対応していこうと思います。

あさがお法律事務所

ご予約なら

2018年の反省2

あさがお法律事務所(兵庫県西宮市)の対応時間は、午前7時から21時までです。

土日も対応しております。

しかし、実際には一人で、すべての時間をカバーすることはできませんので、予約をいただいた日に対応する形で、法律相談の予約や裁判がない日には、お休みをいただいております。

電話は事務員による対応や夜間や祝日は転送電話で対応しております。

そういう形で事務所での私の出勤時間は調整しております。

この出勤時間ですが、開業3年目までは、必死にやろうと決めておりました。

どの業界でも「独立した初めは、寝る間も惜しんで仕事をした」と言う話をよく聞いておりましたし。

ですので、開業3年くらいは、平均1日13時間労働で、月に3日休みくらいで働いてしました。

過労死ラインをはるかに超える、我ながら驚きの月に350時間労働でした。

その後、3年過ぎて、次の3年間。

少しは事務所の収支も落ち着いてきたので、仕事時間を減らし、週の休みは1日+半日くらいとって、毎日の仕事時間も減らし、月に230時間くらいの労働時間でした。

そして、その後7年を過ぎたころ。

引越して自宅に業務スペースを作れるようになったので、月に190~200時間くらい事務所と在宅で仕事をするようになりました。

そのまま、現在に至ります。

在宅での業務時間を考えれば、若干の残業はありますが、普通のサラリーマンと比べるとそれほど変わらないのではないかと思います。

しかし、私は弁護士であり、同時に小さいながらも事務所の経営者です。

少ない人数でも事務員への責任もあれば、依頼者の方への責任もあります。

時間をかければ常によい仕事ができるわけではないですが、逆に時間をかけないと良い仕事ができないものもあります(2018年の反省1で述べた依頼者の話をじっくり聞くなど、まさしくそうですね)。

そう考えると、サラリーマンと同じというのも少ない気がします。

来年は、もう少し業務時間を増やして対応するように心がけようかと考えております。

あさがお法律事務所

事務所案内

弁護士 岡田晃朝(おかだ あきとも)の紹介

2018年の反省1

今年も、もう年末ですね。

今年を振り返っての私の反省、「人の話を、もっと聞くようにしよう」。

事務所を開いたときは、私は相談者の方の話を、時間をかけてじっくり聞くタイプであったと思います。

しかし、経験を積むに従い、この点、変わってきました。

相談事由というものは、各相談者の方にとっては、めったにないことです。

が、弁護士は年間200~300件くらいは相談を受けます(他の方は知りませんが、わたしはそうです)。

それが何年か続き、相談経験が積み重なると、よくある相談というものがわかってきます。

そうすると、相手の話を最後まで聞かなくても、おおよそこういう話で、こういう解決が良いだろうと言うのが頭に浮かぶようになります。

以前も、書きましたが、私はせっかちなほうですので、解決までの目途が頭に浮かぶと早く伝えたくなります。

そして、話の途中でも解決方法をこちらから話すことが、この1,2年増えていたように思います。

しかし、こういう対応では、十分に依頼者の話を聞いていない分、判断ミスのリスクが出ます。

また、結論的にアドバイスが正しかったとしても、十分に話を聞いても貰えなかったという相談者の方の不満が残ります。

ひいては、相談者の方との信頼関係の確立も難しくなります。

多少焦って話をしても、じっくり話を聞いても、何時間も相談時間に差が出るわけではなく、せいぜい1時間前後のことです。

書面の作成や連絡対応などは、せっかちな性格のまま、早め早めで対応していくのでよいかと思いますが、今後は話を聞くときはじっくり対応することを心がけようと思います。

来年、いえ、今日から、相談を少しでもじっくり聞くように心がけようと思っております。

(なお、当事務所は電話での相談は受け付けておりません。

人の話を聞くとは言っても、電話で回答を求めて延々お話する方に、お付き合いすることはありませんので、その点はご了承ください)

あさがお法律事務所

電話で相談を受けない理由

個人のご相談なら

会社のご相談なら

ネットや新聞の裁判例

ネットや新聞でも、裁判例がいろいろ見ることができます。

しかし、これらの判例を見るときは、慎重に検討することが必要です。

裁判所は、大きな裁判所だと一か所で毎日何百件という裁判があり、和解で終わるものもありますが、一定の数は判決が出ます。

そして、その判決が常に新聞やネットに出るわけではありません。

新聞どころか、専門の判例データベースや法律の専門書にすら載らない判決も、たくさんあります。

そういうたくさんの判決の中で、特に特殊であったり、新しい方向性であったり、特定の思想が強く反映されていたり、と言った極々一部の特殊な事例が、ニュースとして取り上げられます。

時には、結論として敗訴なのに、特定の思想に有利な理由の部分だけ、抜粋されていたりもします。

ですので、ネットや新聞のニュースになる判決には、そもそも偏りがあります。

もちろん、中にはその判決が契機で、その法律論がメインストリームになることもあります。

しかし、そうでないものも多くあります。

新聞やネット上の記載事例を弁護士も参考にはしますが、それだけで結論付けると思わぬ結果になることもあります。

そういう資料を閲覧するときは、一歩引いた慎重な視点を、お持ちになるほうが良いでしょう。

あさがお法律事務所

会社の相談

個人の相談

せっかちな弁護士なので

弁護士として依頼を受けて、対立する相手に書面を送付して、返答を求める場合、たいてい10日間から1カ月くらいは返答期限を置くようにします。

(時効や証拠の散逸のリスクがあるとか特殊な事情がある場合は除きます)。

この時間を置くのは、私としては、

①相手も検討する時間や他の弁護士に相談する時間がいるであろうという思い

②こちらとして相当の理由がある内容だから時間をかけて検討してもらっても不利はないという思い

③対立しているとはいえ、検討時間を短くして、相手の判断を誤らせるような卑劣な駆け引きの仕方をしている弁護士ではないというプライド

などからです。

しかし、私、結構、せっかちな性格なので、待っている間、やたらと返事がまだかと、気になります。

3日目くらいで、事務員に、「まだ返事来ないか」と聞いてみたりします。

1週間もたてば、発送日を確認し直したり、内容を読み返したりして、そわそわします。

回答期限の前日などになれば気になって仕方ありません。

せっかちだと仕事が早めに進んでいい時もありますが、待つのは結構しんどいです。

なお、このブログを読んで、「岡田晃朝弁護士は、せっかちだから、時間をかければ交渉しやすいのか・・・」と思っても、それは無駄です(笑)。

ただ、期日を過ぎたら、即日に訴えたりすることはあります。

あさがお法律事務所

裁判までの検討事項。

裁判の希望の話があった場合、当職としては、当然、法律的に違法かどうかを検討します。

そして相手が違法であれば、まず、訴えることの検討の第一段階は、クリアとなります。

しかし、それで当然に裁判を勧めることはありません。

次に立証できるかの検討になります。

ご本人の話がいくら勝てそうでも、それが裁判で証明できなければ意味がありません。

ですので、証拠を確認していきます。

そして、全ての証拠が完全に揃うというのは難しいですが、ある程度目途がつけば、訴訟の検討の第2段階はクリアです。

そして、相手の反論を検討します。

ある程度、その分野の裁判を経験していると、あるいはその業務に関連する社会経験があると、相手がするであろう典型的反論が予想できます。

そこから、その典型的反論を崩せるかどうかを検討します。

これが崩せる事情や場合によってはその証拠がないと、やはり裁判に負けることになります。

これがクリアできて、訴訟検討の第3段階クリアです。

その後に、訴えて、真にご本人の希望を達成できるかを検討できます。

例えば、敗訴して自主的にお金を払わない人で、かつ相手が無資力とか無職ならば、あるいは詐欺師などでお金を隠しているならば、訴えてお金を請求しても意味がないことになります。

回収するのに差押え先もなければ、逃亡する可能性もあるわけなので。

また、会社で違法な降格処分に対して争う場合、会社の姿勢によっては意味がある場合もありますが、降格を取り消したうえで、さらに別の処分(地位を形式的にあげたうえで、違法にならない程度の地方に左遷とか)がされる恐れがある場合なども、希望の達成が難しいということになるでしょう。

私はこれらの点がクリアできて、「初めて訴訟を起こしましょう」という話を勧めます。

時折、「弁護士のアドバイスが事務所によって違うと言う人がいますが、1の点は、主張する法律構成が変わらなければ変わらないことが多いです。

(たった一言の事情説明忘れだけで、法律構成や結論が変わることがありますので、そういうことで変わることはありますが)

ただ、2から4の点は、各弁護士で説明の仕方の違いが生じることがしばしばあります。

私は、4の点までがクリアできないと積極的に「裁判しましょう」とは進めません。

依頼者の方側から積極的に依頼があれば対応はしますが。4がクリアできないと、裁判に勝っても、ご本人としてのメリットがないことが多いからです。

2の点がある程度クリアできないと、「真実ではあなたが正しいとしても裁判は負けるのでやめたほうが良いでしょう。ただし、相手が確実に自白するなら別ですが」とアドバイスします。

3の点がクリアできないと「あくまで可能性ですが、相手の反論で負ける可能性はありますが、それでも裁判やりますか」とアドバイスします。

そして、結構な割合で、2から4の問題で、訴訟を断念せざるをえない方はいます。

あさがお法律事務所

個人のトラブル相談

会社のトラブル相談

あさがお法律事務所の問い合わせ先

自然体で・・。

昔は仕事において、いろいろと仕事以外の部分も気を廻して、対応しておりました。

しかし、最近、少し対応を変えるようになってきました。

もちろん、今でも相手の人に気を使わないというわけではないですし、普段から思いやりをもって、人とは接しようとは思っております。

ただ、これまでは、例えば、

・前夜に外食に行っても、今、破産手続き中で外食を控えている人に失礼ではないかと考えて、前夜の食事については口にしなかったりとか

・結婚記念日でも、離婚訴訟の人が気を悪くするのではないかと考えて、伏せていたりとか

・事務員さんは、良い方が来てくださって平和な事務所経営できていると思いますが、労働問題で苦しんでいる人もいるので、そういう話題は避けたりとか

・逆に自分がうまくいかずに、困ったことがあった場合、そういうことを出すと頼りなく思われるのではないかと考えて、黙っていたりとか

いろいろと会話やSNSなどの記載で、控えることを考えてきました。

ところが、最近、こうやって、意識的に特定の話題を避けるのが、かえって失礼ではないかと考えるようになってきました。

また、話題を選びすぎて、ごく普通のスムーズな会話にならず、かえって話しにくさを感じさせているのではと考えるようになりました。

話題を避けすぎると、人間味が無くなり、かえって相談しにくく感じるのではないかという気がしてきました。

それで、最近は、人を不快にしないように気は使いつつも、限度を超えないように、あくまで自然体で、人と対応するように心がけています。

弁護士 岡田 晃朝

依頼者の方のご質問や意見など

依頼者の方から、いろいろご意見やご質問を受けることがあります。

そして、その時に、非常に恐縮されて質問される方がおられます。

しかし、全く気にせずに、思ったこと気になることは、お電話やメールで、ご連絡いただいて構いません。

実際に正直に言いますと、いろんな質問や主張の中には、法的な意味が低いことも多々あります。

事案の解決から離れたり、依頼者の方が、どうしても主張してほしいと言っていることが、不利な内容であることもしばしばあります。

しかし、依頼者の方は専門的なことがわからないから、ご依頼いただいているのです。

逆にご質問やご意見、ご主張が法的に完全なものでしたら、私は何のために依頼されているのかわかりません。

ですので、思ったことは、何でも即時に、ご連絡いただければよいですし、ご連絡があれば3日以内にはお返事します。

そして、それにアドバイスをすることが、私にとって大切な仕事の一つです。

そうやって、いろんなことをお話しいただくと、実際に経験していないとわからない、決定的な事実のご連絡が5回に1回くらいあります。

そして、この1回をお知らせいただくことが裁判では決定的なこともよくあります。

ですので、遠慮なく何でもご連絡、ご質問ください。

あさがお法律事務所(西宮市の弁護士事務所)