カテゴリー別アーカイブ: 弁護士 岡田 晃朝のプライベート

代表弁護士 岡田晃朝のプライベート、趣味などです。

歴史上の人物の裏側・・・。

ネットサーフィンしていて、歴史上の人物の裏側を書いた記事を読みました。

大物というイメージがあるが、実は心が狭かったとか

誠実そうなイメージがあるが、誠実でなかったとか

まあ、実際に生きている人間なわけなので、そういう面もあるのでしょうね。

長所ばっかりという人間はいないですし。

人間である以上、ファンタジーのように立派なことはあり得ないと思います。

ただ、歴史に名を遺した立派な人というのは、欠点はほかの人と同じようにありながら、それでも一生懸命に生きてきた人なんだろうと思います。

歴史に名を残してなくても、一生懸命、一つのことに打ち込むということは、素晴らしいことだと思います。

そして、欠点はあるにしても、人の評価はそこに集まるんだと思います。

自分は一生懸命、自分のすべき仕事に打ち込めているだろうか・・・・。

ネットサーフィンをしながら、ふと、そういうことを思いました。

あさがお法律事務所

靴下

お正月に妻と買い物に行ったときに、「靴下を見ましょう」という話になりました。

私は、「靴下なんか、靴とズボンで、ほとんど隠れて見えないから要らない」と言いましたが、

「あなたは見えてないつもりでも、よれよれの靴下は、結構目立つよ」と指摘されました。

まあ、靴下がよれよれなのは、笑い話ですみますが、世の中、結構そういうことはあります。

自分では、たいしたことないと思っていても、周囲から見れば大きな問題であったり、

自分では、誰も気にしてないと思っていることで、信用を失ってしまったり・・・。

逆に、注意すべきところを軽く見て、失敗することもあります。

社会全体からの視点を持つことは、社会活動をするうえで、大切なことです。

特に社会生活上のトラブルに介入する弁護士という仕事では、重要性が増すかと思います。

社会全体から見て、それが注意すべきことなのか、気にする必要もないようなことなのか、その点の見極めを慎重に検討しながら、対応していかなければならないと思いました。

なお、靴下ですが、4足ほど新しく買いました。

あさがお法律事務所

弁護士のプライベートのページについて

あくまで、このブログは「弁護士」としての考えなどを記載するブログです。

ただ、弁護士の人柄を少しでも知ってもらい、少しでも親しみを持ってもらおうと、プライベートの自己紹介、趣味の記載も行っております。

趣味のブログページは、毎年1回程度、年末年始などに、書き直しております。

今年も一部修正いたしました。

アクアリウムの紹介

ギターの紹介

ギター演奏(YOUTUBEへ)

ガーデニング、観葉植物の紹介

料理の紹介

温泉巡り

買い物で

a1180_006983

この1,2か月、買い物などで、ついお金を使いすぎることが連続しました。

パソコンとか、事務所の椅子、プリンターなどやむを得ないところもありますが、食事とか服、デザイン雑貨等に関するものもあります。

多少は余裕があったので、つい使ってしまいましたが、昔、お金がなかったことを思いだし、再度引き締めようと思っています。

少しくらいという気の緩みから、崩れて行ってしまう話はよく聞きます。

考えを切り替えて、今月からは、再度節約していきます。

お金を使うことの何が嫌かを考えると、もちろん、使えばお金は減っていくし、そうすると生活はもちろん、仕事にも余裕がなくなるといった問題もあります。

が、それ以外に、私の性格からくるものかもしれませんが、お金で刹那的に満足しても、後にむなしさが残るという面があります。

お金を使わないときは、本を読んだり、文章を書いたり、ハイキングや山登りしたり、ギターの練習や作曲してみたり、植物を育てたり植え替えたり、ホームページを修正してみたり、自分自身で動いて何かをしようとします。

それがなんというか、いろんな分野での自己成長につながるというか・・・。(こういう自己啓発みたいな言いまわしは恥ずかしくて嫌ですが。)

そして、それが自分自身の満足につながります。

ところが、お金があるとお金を消費して、ストレスを発散したり、物事を処理しようという動きになります。

これが、その場はよいのですが、後から何とも言えない虚しさが残ります。

登山せずに、山の頂上にヘリコプターで降りて満足しているような・・・。

結果が同じならいいという考え方もあるでしょうが・・・。

いずれにせよ、今月からはまた節約生活に戻ろうと思います。

あさがお法律事務所

お金は無いですが。

a0002_011393

ごく一般的な弁護士からすれば、私は多くの報酬をもらっているということは無いと思います。

あんまりお金はないですね(笑)。

ただ、30歳前半くらいまでは極度に貧乏だったので、多少でもあれば、悠々と生活できます。

若いころは給料も少なかったですし、結婚したころもお金がなかった。

結婚後は大学院に行くのに、給料の半分と賞与全額を貯金に廻していたし、大学院生のころは妻の収入と貯金だけの生活だったので、当然にお金がなかったです。

弁護士になっても駆け出しのころ、事務所を開いたばかりのころはお金がなかったです。

ですので、家族4人で20万円以下の収入で暮らしていた時期が長く、そういう生活に慣れていたので、今、そこそこの収入でも十分に暮らせています。

お金はあまりないですが、

良い職場とやりがいのある仕事と優しい家族と気がおけない友人とで、

まあ、それなりに幸せにやれているかと思います。

弁護士紹介

マニアックな買い物と社会と、真実と裁判

a0002_011393

先日、ツイッターで、「ガラホ(携帯電話型スマートホン)はいまいち使いにくい」という記載をしました。

折り畳み携帯電話の形で、受話口が口元に来るので話はしやすい(特に口元を押さえてまわりに聞こえないように話すとき)ですが、それ以外の点が。

インターネット検索したときに表示されるのは、スマホページなのですが、画面が携帯電話の画面ですので、小さすぎて見難いです。

タッチパネル対応なのですがカーソル移動も出来ます。

両方できて便利かというと、タッチパネル中にカーソル移動に切り替わったり、カーソル移動中にタッチパネルに切り替わったりして、かえって使いにくいです。

パネルも小さいですしね。

ただ、製品のアイデアはいいと思いますし、技術はすごいと思います。

そういえば昔から、私、買い物についてはそういうところがありました。

(以下、わかる人にはわかるマニアックな話になります、気になる人は「 」内を検索してみてください)

釣りを、よくしていたころ使っていたリールは、「オリムピック」の「アルマジロ」というリールでした。周りでだれも使ってなかった。

その後、お金をためて、「アブ ガルシア」の「アンバサダー」に買い替えたりしましたが、アメリカンなサイズと重さは私の手に合わず、結局使いにくかった。

頑丈で、性能は良かったと思うんですよ。

小中学校の時は、みんなが任天堂のゲーム機を買う中、セガのゲーム機(「メガドライブ」)を持ってました(ファミコンも持ってましたが・・・)。セガの方がファミコンより性能は良かったんですよ。

ラジコンがはやったときは、みんなが、タミヤ模型のラジコンを買う中、一人、「東京マルイ」の「ザ サムライ」持ってました。1万5千円で4駆のラジコンは、他になかった・・・。

初めて買ったパソコンは、「PC-88VA2」です。

当時あった、PC88とPC98のソフトが、両方使える(昔は今と違い、パソコンの機種ごとにソフトが分かれていました)という話でしたが、88のソフトは一応動くものの性能を生かせず、98のソフトは1割も動かなかった。

専用ソフトは5、6本くらいしかなかったと思います。

性能は当時としては最新の16ビットCPUで、よかったんですよ。

あまり時計はしませんが、時々使う腕時計は、セイコーでもロレックスでもなく、「日本手作り腕時計協会」の時計です。

性能は、普通に時計です。

エレキギターも20年くらい弾いていて、未だに「フェンダー」も「ギブソン」も使ったことがない。「ESP」も「YAMAHA」も「グレッチ」も「PRS」も。

使っているのは、「KRAMER」、「MARVERICK Guitar(ESPのやつではないマーベリックという名前のブランド)」、「MUSIKRAFT」です。

これも、性能に不満はない。

いや、何が言いたいかというと、性能がいいかどうかと、社会に受け入れられるかどうかは、別の問題ということです。

それと同じように(やや強引な無理にあるたとえになりましたが)、真実がどうかということと、民事訴訟において裁判所がそれを認定できるかも別の問題です。

時折、裁判で「真実はこうだから、こうでしょう」と相談される依頼者がいますが、本当の事実がどうかと、それが裁判所に認定してもらえるかどうかは別のものです。

ここを誤解すると、民事裁判はうまくいきません。

裁判で争われ、判断されるのは「過去にタイムマシンで遡ればわかる真実がどうか」でなく、「裁判所が一定のルールで認定する事実かどうか」です。

その2つは一致することが望ましいですし、そのために法曹も必死に努力はしていますが、残念ながら、完全に一致するものではありません。

そこを見抜いて、アドバイスしていくことも専門家の仕事かと思います。

あさがお法律事務所

クリスマスツリー

あまり「昔は貧乏だった」というと、貧乏自慢みたいで嫌ですが、しかし本当に貧乏でした。

クリスマスツリーなど買えないので、毎年手作りです。

あちこちの無料イベントに参加したり、子が学校で作ったものを家に飾っていました。

紙粘土で作ったこともあれば、段ボールで作ったことも、発泡スチロールに紙を巻いて作ったこともあれば、松ぼっくりのこんなものもありました。

DSC_0097

DSC_0097

ちなみに貧乏=不幸ではありません。

将来への不安感はありましたが、お金がないながらも、不器用なクリスマスツリーを飾るのは、それはそれで楽しかった。

今年、初めてクリスマスツリーを買いました。

DSC_0100

DSC_0100

上の子には11年も我慢してもらいました。

やっと、ツリーが買えると思うと、なんだか感慨深いです。

子供たちがうれしそうにしているのを見ると、ちょっと泣きそうです。

あさがお法律事務所の弁護士紹介

自分では、ぼんやりとしか感じませんが・・・

a0002_011637

自分では、ぼんやりとしか感じませんが、ストレスが溜まっているようです。

職業上、それなりにストレスがたまっているようです。

依頼者の方に「ストレスたまるんでしょうね」と言われますし

病院で、血圧が高い原因を聞いても

体がかゆいので皮膚科で見てもらっても

お腹の調子が悪いので、病院に行っても・・・

「ストレスが原因ですね」と医師に言われますし。

ただ、そうはいっても、依頼しているご本人が受けているストレスよりは、ましであると思っております。

皆様のストレスも、自分のストレスも減らすために、一生懸命仕事をしております。

あさがお法律事務所

ドラセナが枯れてきました。

ドラセナが枯れてきました。

DSC_0008

結構、傷んでます。

事務所の開店祝いにもらってから育てているドラセナ マッセンゲアナです。

2回植え替えて、もらった時より2周り以上、大きくなっています。

前の植え替えは春先にしたので根詰まりはないですし、水も適度かと思いますので、日当たりが原因ではないかと思います。

ドラセナ マッセンゲアナは、普段でも一番外側の葉先が痛みがちで、それで全体が枯れることはなかったので、少し葉先が枯れてきても気にしていなかったです。

が、油断していたら、あっという間にこういう状態になってしまいました。

弁護士としての相談でも、こういう事例はしばしばあります。

普段の状況から、些細な問題と考えて法律相談をしないまま日がたって、後日、状況が悪化して対応が困難になることです。

トラブルは早めの対応が一番です。

閑話休題

枯れかけのドラセナですが、比較的育っているとはいえ、このくらいのサイズならば販売していないこともありません。

しかし、新たに購入すれば良いというものではありません。

これまで育ててきた愛着もありますし、植物とはいえ、生き物というものは、消耗品のように傷んだから買い替えればよいというものではないでしょう。

弁護士としての業務でもそうです。

お金の問題も大切ですが、単にお金の問題以上の悩みを抱えて皆さん相談に来られます。

その対策では、単にお金で終わらせればよいというものは限られています。

再度、閑話休題。

ドラセナですが、とりあえず傷んでいる部分を選定し、日当たりのいいところに移してみます。

さらに、元気なところを切り取って、挿し木と茎伏せで、新しい株を育ててみようと思います。

あさがお法律事務所

イメージでなく事実を確認して。

a0001_009261

私の誕生日、妻とプレゼントを一緒に買いに行くことになりました。

妻は何を勘違いしているのか、ラコステを「リーズナブルなポロシャツ屋さん」と思っていたそうです。

ラコステに入って、私が服を何着かの服を迷っていると、妻は「誕生日なんだから、悩まず全部に買ったら。私のプレゼントやし」と言い出しました。

私は、妻に小声で何度か「結構高いし・・・」とか「そんなに買ってもらうわけには・・・」と伝えましたが、「リーズナブルなポロシャツ屋さん」と思っている妻は、私が「遠慮している」と思ったらしく、ぜんぜん伝わりません。

結局、妻は値札も見ずにレジに持っていき、レジで会計の金額(5桁くらい?)を見て、蒼白になってました。

イメージで行動すると、こういう目にあいます。

プライベートでは笑い話で済みますが、私どもの業務では、イメージだけで動くと取り返しのつかないことになります。

正確な事実確認の大切さを再認識しました。

あさがお法律事務所