法律(相続関係)

相続、遺言などに関する記載です

法律(相続関係)

相続放棄と遺贈

特定遺贈とは、遺言で特定のものの贈与を受けること 包括遺贈は、遺言で包括的に遺産を一定割合贈与を受けることです
法律(相続関係)

調停は弁護士に頼むべきか

調停は弁護士に頼んだ方が良いか。 これについては、現実には、人次第、事案次第、考え方次第となります。 この問いについては、実はこれまでは、当職は「弁護士に頼まなくてもよい」と言うアドバイスを比較的多くしてきました。 これは「調停は基本は話し合いであること」と「争点を確認し、そこに焦点を当てて主張していけば、主張内容はご本人の経験した事項でよいので、問題なく対応できるだろう」と言う思いからです。 しかし、弁護士に頼んだ方が良いことも相当にある事がわかってきました。
法律(相続関係)

相続廃除

相続人からの廃除。 遺留分すら認めない廃除の方法と要件について。
法律(相続関係)

遺産分割無効確認訴訟

遺産分割協議に無効原因がある場合には、遺産分割協議無効確認訴訟が可能です。 遺産分割では意思に基づいて協議処分するわけですから、意思に欠缺があるような場合など(意志無能力、錯誤など)は無効になります。 詐欺脅迫など、意思...
法律(相続関係)

相続分の譲渡

相続分の譲渡と言う手続きがあります。 これは相続分放棄(他の相続人全員に対して相続持ち分放棄して、公平に分配する)と違い、特定の人に相続分を譲るものです。 例えば遺産分割協議の中で、「自分は受け取るつもりはないが、自分の...
法律(相続関係)

相続分の放棄と相続放棄(2)

相続分(相続持ち分)の放棄は、相続放棄と用語は似ていますが、その中身は違います。 相続分(相続持ち分)の放棄は、相続する持ち分を、他の相続人全員に対して放棄(実質は譲渡)するものです。 遺産の分配の仕方の一つです。 ...
法律(相続関係)

相続分の放棄と相続放棄(1)

相続については、相続放棄、相続持ち分の放棄、相続分の放棄という3つのよく似た用語の手続きがあります。 しかし、その中身は異なるものです。 順次説明します。 まずは、相続放棄です。 こちらは一番一般的なものかも...
法律(民法、その他一般)

調停をする意味と相場

調停での相場や一般的な落としどころを聞かれることはあります。 そして、なるべく確認して、回答するようにします。 しかし、調停というものは、具体的事情を踏み込んで、その一人一人のために、話し合いオーダーメイドで処理することに意味が...
法律(相続関係)

相続時に被相続人の預金が無くなっているとき

相続時の遺産分割などの相談で、その調査の中で、被相続人の預金が無くなっているということは、しばしばあります。 そういう場合でも、生活費とか病院代であったり、葬儀代(法的には、ともかく話し合いでは、通常譲歩することが多いです)での利用で...